キャリア・転職

40代未経験からWebデザイナーになるには?初心者向けに解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
40代の男性

40代からWebデザイナーとして働くのはあり?

40代の女性

Webデザイナーになるためにはどうすればいいのかわからない…

40代で未経験からWebデザイナーになるにはどうしたらいいのか、悩んだことはありませんか?

40代から新しい仕事を始めようと考えているなら、Webデザインはとても良い選択肢です。

ここでは、40代の初心者がWebデザイナーになる方法を中心に、Webデザイナーとして働くことのメリット・デメリットについて書いています。ぜひ参考にしてください。

40代で未経験からWebデザイナーになることは可能なの?

40代で未経験からWebデザイナーになるなんて、無理な話だと思う人もいるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。Webデザインはどのようなライフステージであっても身につけることができる分野なのです。

必要なのは、成功するための努力と正しいアプローチです

学ぶことに年齢は関係ありません。正しい姿勢でいれば、Webデザイナーになるためのスキルを身につけることができます。

Webデザイン業界は常に進化しており、オンライン学習サービスが豊富にあるため、従来の 教室での学習と比較して、独学はますます現実的な選択肢となっています

まったくの初心者でも、コーディング、サイトデザインの基礎、グラフィックデザインなど、自宅にいながらにして学べる入門コースが無数にあります。

また、Webデザインの基本を教えたり、質問に答えたりしてくれるメンターやスクールも、オンラインで比較的簡単に見つけることができます。

独学、オンラインチュートリアルなどを組み合わせることで、成功するWebデザイナーになるために必要なスキルを最短時間で身につけることができます。

  • 40代でもWebデザイナーになることは可能!
  • 独学でもデザインを学べるサービスが豊富にある

40代でWebデザイナーになるメリット

40代でWebデザイナーになるメリットは次のとおりです。

  • 仕事をするのに場所を選ばない
  • 経験や知識が生かせる
  • 学習するハードルが低くなっている

それぞれ解説していきます。

仕事をするのに場所を選ばない

40代でWebデザイナーになるメリットは、働く場所を選ばず、自分の都合で会社を自由に変えられることです

この分野での経験により、技術的なスキルと人生経験を兼ね備えたあなたは、組織にとってかけがえのない財産となることは言うまでもありません。

さらに、若い人が多い職業ではありますが、あなたの年齢が、この技術に尊敬すべき視点と成熟度をもたらしてくれます。

正しい目標と向上心があれば、Webデザインの世界で成長できる可能性は非常に高いのです。

経験や知識が生かせる

40代でWebデザイナーになるメリットのひとつは、これまでの経験や知識を活かせることです。

知恵を働かせることで、潜在的な問題を評価し、デザインの複雑さを深く理解し、それぞれのクライアントのために革新的な解決策を生み出す戦略性を身につけることができます。

さらに、社会人としてのキャリアで培ったノウハウは、賢い決断を下し、クライアントにプレミアムレベルのソリューションを提供する上で有益なものとなるでしょう

また、年齢を重ねることで、若いデザイナーにはない、長年の経験で培われた視点が活かされます。

その結果、特に比類ないレベルの創造性とデザインに対する独自の見解を求める人々にとって、あなたの年齢はあなた自身が知らなかった資産になるかもしれません。

学習するハードルが低くなっている

オンラインサービス発展により、教育を続けることがこれまでになく容易になっています。

もし、あなたがエキサイティングでクリエイティブなキャリアを追求する準備ができているなら、40代でWebデザイナーになることは素晴らしい選択です。

40代でWebデザイナーになるデメリット

もちろん、40代でWebデザイナーになることには、いくつかのデメリットがあります。

最も顕著なのは、若い頃に比べて気力や情熱が低下してしまうことです。

しかし、時間管理を徹底し、クライアントに対して綿密な計画を立てることで、この問題を解決することができます。

また、ウェブデザイナーになるために必要なスキルを独学で身につけながら、日々変化する技術についていけなくなる可能性があることも、デメリットと言えるでしょう。

40代未経験からWebデザイナーのスキルを身につけるには?

幸いなことに、インターネットの普及により、年齢に関係なくWebデザイナーに必要なスキルを身につける方法はいくつもあります。

ここでは、40代で未経験からWebデザインのスキルを身につけるためのコツをご紹介します。

Webデザインのブログや本を読む

Webデザインのブログや本を読むことは、知識を習得し、最新のトレンドを知るための優れた方法です。

これらのリソースは、Webデザイナーになるためのアドバイスや役立つヒントを提供するだけでなく、初心者のWebデザイナーにインスピレーションを与えることができます。

Webデザインを学ぶためのおすすめの書籍

Webデザインが学べるおすすめのサイト

次にWebデザインが学べるおすすめのサイトは以下のとおりです。

前述した書籍と併用することで、より理解度が深まるでしょう。

デザインを作成するツールに慣れる

次はツールに慣れる必要があります。幸いなことに、ユーザーフレンドリーで直感的、かつ簡単に学べるさまざまなWebデザインプログラムがあります。

これらのツールは、初心者向けに設計されていることが多く、魅力的なデザインを作成することができます。

定番のデザインツール

  • Photoshop
  • Illustrator
  • XD
  • Figma
  • Canva

デザインが学べる動画を活用する

Webデザイナーになるためのアドバイスやステップバイステップの指示を提供することができる、様々な動画がYouTubeで視聴可能です。

ポートフォリオを公開する

一通りWebデザインの学習を終えたら、オリジナルのデザインを作成してポートフォリオを公開しましょう。

ポートフォリオ(自分の作品集)の公開は、仕事を得るために最も重要な要素の1つです。

潜在的な雇用主やクライアントがあなたの作品に触れ、見て、評価できる主要なハブとして機能します。

オンラインでポートフォリオを公開する場合、連絡先の詳細、過去の経験、スキルセットなど、あなた自身に関する必要な情報を気さくに散りばめることができます

多くの潜在的な雇用主やクライアントは、デザイナーの能力を測定し、そのデザイナーが目の前の仕事やプロジェクトに適しているかどうかを確認するために、ポートフォリオを確認します。

このように、ウェブ上で公開される最新かつプロフェッショナルなポートフォリオを持つことは、あなたの履歴書や応募書類が採用プロセスの上位に来ることを保証する上で大きな役割を果たすのです。

案件に応募する

Webデザインのスキルを身に着けたら、案件に応募しましょう。

Webデザインを募集している媒体は多くありますが、おすすめは以下のサービスです。

ランサーズ

ランサーズは、企業や個人がWeb 開発、グラフィック デザイン、執筆、翻訳など、さまざまな種類の仕事を行うフリーランスの専門家を雇うことができるオンラインプラットフォームです。

クライアントは求人情報を掲載してプロジェクトの予算を設定でき、フリーランサーはそれらのプロジェクトに応募し、プラットフォームを通じてクライアントとやり取りできます。

採用されると、プラットフォームを通じてクライアントと協力してファイルを共有し、ランサーを通じて支払いを受け取ることができます。

ランサーズは、エスクロー、問題解決、契約管理などのさまざまなサービスも、クライアントとフリーランサーの両方に提供しています。

このプラットフォームでは、クライアントがフリーランサーをレビューすることもでき、他のクライアントが質の高い才能を見つけるのに役立ちます。

クラウドワークス

クラウドワークスもランサーズ同様のオンラインプラットフォームです。

ランサーズ同様掲載されている求人数も多く、未経験者OKの案件もありますので、クラウドワークスと合わせて登録しておきましょう。

Wantedly

Wantedlyはさまざまな形態の案件が掲載されているビジネスSNSです。

気になる企業には直接応募することができますし、プロフィールを掲載することで、企業側からスカウトされることもあります。

Webデザイナーはやめとけと言われる理由とは?

40代の女性

よくWebデザイナーはやめとけと聞くけど理由はなに?

なぜ、Webデザイナーはやめとけと言われるのでしょうか?

Webデザインは競争が激しい業界であり、クライアントの期待も高いのです。さまざまなグラフィックやデザインの理解も必要なので、技術を学び、磨くことに多くの時間を費やさなければなりません

そして、高いスキルを求められる割に単価が低い場合があります。

さらに、関連するテクノロジーは常に変化しており、最新の情報を得ることが成功への近道となります。市場は飽和状態なので、成功するためには自分自身を目立たせる必要があります。

多くのウェブデザイナーは、安定した収入と、デザインや顧客サービスの質を維持することに苦労しています。

難しいことですが、努力と献身、そして創造的な勇気があれば、Webデザイナーとして成功し、利益を得ることができるのです

まとめ

ここでは、40代未経験でWebデザイナーになる方法などについて解説しました。

Webデザイナーとして働くことは、あなたの経験レベルに関係なく、やりがいのある有益なキャリアとなる可能性を秘めています。

Webデザイナーの需要が高まっているだけでなく、ウェブデザイナーとして働くことで、自分の知識や創造力を世界に発信することができます。