ライフスタイル

40代なら絶対読むべきおすすめ本をジャンル別に紹介【全31冊】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は、人生を豊かにするために、40代で読むべきおすすめの本をご紹介します。

人生を磨くことや新しいことを学ぶことに、遅すぎるということはありません。これらの本は、あなたに貴重な教訓を与え、新たな価値観を与えてくれることでしょう

人生をより良くしたいとお考えの方は、ぜひ読んでみてください。

40代こそ本を読むべき理由

読書は、理解力や語彙力の向上、ストレスの軽減など、さまざまな効果があることはよく知られています

読書は40代にとっても非常に有益であることをご存知でしょうか?

研究によると、読書は40代にもさまざまな効果をもたらすといいます。

まず、読書は記憶力と集中力の向上に役立ちます。年齢を重ねるにつれて、記憶力が低下していくのは当たり前のことです。

定期的に読書をしている人は、読書をしない人に比べて、記憶力が低下する可能性が2.5倍低いと言われています。

また、記憶力を高めるだけでなく、読書は集中力を維持するのにも役立ちます。

学術誌『PLOS One』に掲載された研究によると、1日6分間だけ読書をする人は、まったく読書をしない人に比べて集中力と集中力が高いと報告されました

リラックスしたり、新しいことを学んだり、脳力を高めたりする方法をお探しなら、ぜひ読書を趣味にしましょう。

40代で読むべき名作揃いのおすすめ小説8選

ドリアン・グレイの肖像

この小説は、ドリアン・グレイという名の若者を描いています。美しい自分の肖像画に感動したドリアンは、その絵が自分の代わりに年齢と罪の重荷を永久に背負ってくれるようにと願います。

その願いは叶い、ドリアンはますます堕落した生活を送るようになります。彼が成長するにつれ、肖像画は彼が犯したすべての罪を再現していく。

ドリアン・グレイは、自己陶酔に浸り、周囲の世界に無関心でいるうちに、自分自身を破滅へと追いやり、肖像画は罪を犯すたびに醜悪さを増していくのです。

アラバマ物語

created by Rinker
¥1,979 (2024/04/11 02:22:33時点 Amazon調べ-詳細)

「アラバマ物語(原題モッキンバード)」は、1930年代の深南部における人種差別の問題を扱っている小説です。

フィンチ家はメイコム郡で黒人に偏見を持たない数少ない白人家庭です。父親のアティカス・フィンチは、幼い二人の子供、スカウトとジェムにとって、道徳的な判断基準となっている。物語は3年間にわたり、その間、子供たちは人種的不公正の悲劇を経験します。

戦争と平和

created by Rinker
¥1,122 (2024/04/11 02:22:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
光文社
¥1,210 (2024/04/11 05:16:00時点 Amazon調べ-詳細)

「戦争と平和」ナポレオン戦争を背景に、”戦争と平和 “はロシアのいくつかの貴族の家族の物語を描いています。

物語の中心となるのは、人生の意義を模索する富豪ピエール・ベズーホフと、ピエールと愛し合いながらも他の男性と結婚させられた若い女性ナターシャ・ロストワ。

「戦争と平和」は、ナポレオン戦争とロシア貴族の生活を描いた物語であるだけでなく、歴史、道徳、宗教に対するトルストイの考えを追求した哲学的な作品でもあります。

カラーパープル

created by Rinker
集英社
¥1,100 (2024/04/11 05:16:01時点 Amazon調べ-詳細)

「カラーパープル」は1930年代のアメリカ南部の田舎町を舞台に、多大な虐待と抑圧を受けるアフリカ系アメリカ人女性の物語です。

女性の強さと姉妹愛の絆を描いたこの物語は、1983年のピューリッツァー賞(フィクション部門)と全米図書賞(フィクション部門)を受賞しています。その後、1985年に映画化され、ブロードウェイミュージカルにもなりました。

ノルウェイの森

created by Rinker
¥1,232 (2024/04/11 05:16:01時点 Amazon調べ-詳細)

「ノルウェイの森」は、愛、喪失、裏切りというテーマを探求した美しい小説で世界中で読まれている小説です。

物語は、東京で暮らす大学生時代を振り返る渡辺徹の一人称視点で描かれています。

この小説は、喪失と裏切りのノスタルジックな物語です。物語は、渡辺がナオミへの思いと、キズキの自殺に対する悲しみとに向き合おうとする姿を描いています。

ライ麦畑でつかまえて

created by Rinker
¥968 (2024/04/11 05:16:02時点 Amazon調べ-詳細)

コールフィールドという10代の若者を描いた小説である。ペンシルバニアの寄宿学校から追い出され、ニューヨークへ逃げ出したホールデンの冒険が、ホールデンの一人称で語られる。

小説の中で、ホールデンは鬱や孤独に苦しみ、常に周囲の世界の「インチキ」を気にしている。「ライ麦畑でつかまえて」は、20世紀を代表する青春小説のひとつとされています。

グレート・ギャツビー

この小説は、第一次世界大戦直後の1922年を舞台に、ジェイ・ギャツビーと美しいデイジー・ブキャナンへの片思いを描いた物語です。

最愛の人デイジー・ブキャナンを取り戻そうとする大富豪ジェイ・ギャツビーの物語です。この本では、愛、お金、そしてアメリカンドリームというテーマが探求されています。

罪と罰

created by Rinker
¥782 (2024/04/11 18:46:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥832 (2024/04/11 05:16:04時点 Amazon調べ-詳細)

「罪と罰 」は、善と悪、道徳と贖罪の本質を探る心理スリラーです。

ラスコーリニコフという青年が、「法の上に立つ者がいる」という自説を検証するために老婆を殺してしまうという話です。

彼は、執拗な捜査官ポルフィーリに追われ、罪悪感と自責の念に苦しむ。結局、ラスコーリニコフは罪を告白し、シベリアに送られます。

40代で読むべき働き方のノウハウが詰まった本5選

7つの習慣

「7つの習慣」は、仕事でより効果的な人間になるための方法について書かれた本です。この本では、より効果的になるための7つの習慣を紹介しています。その習慣とは

  • 積極的になる
  • 終わりを意識して始める
  • 先手必勝
  • Win-Winを考える
  • まず理解することを求め、次に理解されることを求める
  • 相乗効果
  • 刃を研ぐ

本書では、それぞれの習慣を日々の仕事の中でどのように実践していけばよいのか、具体的な例を挙げて説明しています。

また、努力を集中させ、目標を達成するために役立つ、個人のミッション・ステートメントの作り方についてのセクションも含まれています。

リーン・スタートアップ

エリック・リースは、「リーン・スタートアップ」の中で、現代社会に向けた新しいビジネスのアプローチを提示しています。

従来の起業のやり方はもはや有効ではなく、新しいアプローチが必要だと考えています。「リーン・スタートアップ」は、「絶え間ない反復と実験」という原則に基づいています。

つまり、企業は常に新しいアイデアを試し、何がうまくいき、何がうまくいかないかを確認する必要があるのです。このアプローチは、企業がより俊敏になり、常に変化し続けるビジネスの世界に適応できるように設計されています。

すべての仕事は10分で終わる

「すべての仕事は10分で終わる」は、たった10分で仕事を終わらせることができる方法について紹介しています。

個人的なプロジェクトから仕事のタスクまで、あらゆるタイプの仕事に活用することができます。

本書を読むことで、気が散るものを排除し、10分間を最大限に活用することができるようになります。また、10分を最大限に活用するための仕事の計画・構成方法のヒントも紹介しています。

エッセンシャル思考

「エッセンシャル思考」は、明晰で論理的な思考の重要性を説いた本です。この本では、私たちが生活の中でより良い判断を下すために、どのようにクリティカルシンキングのスキルを使うことができるか解説。

私たちが考えるさまざまな方法、目標を達成するために思考をどのように利用できるか、そしてどのように障害を克服できるかについて考察しています。また、思考力を向上させるための有用なヒントも紹介されています。

ワーク・シフト

「ワーク・シフト」は、従来の9時~5時の勤務がいかに過去のものになりつつあるか、そして現代の職場がいかに新世代のニーズに適応しているかを探っています。

著者であるグラットンは、テクノロジーによっていつでもどこでも仕事ができるようになった世界では、伝統的な勤務時間はもはや意味をなさないと主張しています。

その代わりに、仕事とプライベートのバランスをうまくとることができるような、より柔軟な働き方を提唱しています。

企業がより柔軟な職場環境を作り、社員がこのシフトがもたらす新しい機会を最大限に活用するための実践的なアドバイスを提供しています。

40代で読むべき生き方のノウハウが詰まった本13選

人生の9割は40代で決まる

created by Rinker
¥715 (2024/04/11 05:16:07時点 Amazon調べ-詳細)

本書は、40代で決めたことが、その後の人生をどのように形成していくのかについて書かれたものです。

キャリアから個人的な人間関係まで、すべてを網羅し、その両方を最大限に活用する方法を紹介しています。目標設定と将来設計の重要性、そして途中でつまずきやすい落とし穴を回避する方法について学びます。

専門家の著者によるアドバイスと実例をもとに、本書は40代を最大限に活用し、幸せで成功した未来を手に入れるための一助となることでしょう。

嫌われる勇気

created by Rinker
¥1,188 (2024/04/11 18:47:01時点 Amazon調べ-詳細)

アドラーの「嫌われる勇気」という本は、人生をより良くするための素晴らしい本です。この本は、自己啓発の原点であるアドラーの教えがベースになっています。この本を読めば、嫌われ者になる方法を知り、人間関係を改善することができます。

著者の岸見一郎と古賀史威が、オーストリアの哲学者で精神科医のアルフレッド・アドラー(個人心理学の創始者)の思想を探求したものです。アドラーの研究は、精神医学、心理学、社会学、教育学の分野に影響を与え、企業、学校、組織など多くの場面で応用されています。

反応しない練習

私たちはしばしば考えなしに物事に反応し、それが人生における問題につながるという考えを探求しています。読者が行動する前に一歩下がって自分の反応を考えることを学ぶための演習とテクニックを提供しています。

本書は衝動的な決断をすることがある人や、物事に過剰に反応する傾向がある人に役立ちます。また、自分の反応をコントロールし、より意図的な方法で対応する方法について学びたい人にも役立つでしょう。

ずっとやりたかったことを、やりなさい

夢を追いかけ、自分の好きなことをすることについて書かれています。どんな夢であれ、心を決めて一生懸命に取り組めば、必ず実現できるとキャメロンは信じているのです。

本書では、夢のプロジェクトに着手するためのヒントやコツ、そしてそのプロセスを通じてモチベーションを維持する方法を読者に提供します。本書は、マンネリ化して抜け出せなくなったことがある人に最適です。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

created by Rinker
日本経済新聞出版社
¥105 (2024/04/11 18:46:59時点 Amazon調べ-詳細)

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」は、自分の才能や生きがいを見つけるための本です。自分の才能を発見する、才能を育てる、才能を生かす、のセクションで構成されています。

この本には、あなた自身のユニークな才能を見つけ、それを人生に生かすためにデザインされた物語と演習が含まれています。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

created by Rinker
¥1,760 (2024/04/11 22:40:48時点 Amazon調べ-詳細)

この本では、自己欺瞞が個人と組織の多くの問題の根本原因であると論じています。自己欺瞞によって、私たちは他人を、自分自身の感情やニーズを持った人間ではなく、操るべき対象として見てしまうのです。

自己認識と発見のプロセスを通じて、この自己欺瞞という「箱」から出る方法を紹介しています。この本は、世界中の何万人もの人々が、他者との関係を改善し、仕事により充実感を見出すのに役立っています。

チーズはどこへ消えた?

「チーズはどこへ消えた?」は、迷路に住む2匹のネズミ、スニフとスカリーの物語を描き、チーズを探して日々を過ごしています。

チーズは、私たちが人生で望んでいることのメタファーであり、迷路は私たちが目標を達成するために直面する困難を表しています。物語は、チーズを探すスニフとスカリーの姿を、さまざまな障害にぶつかる姿を描いています。

夜と霧

created by Rinker
¥1,320 (2024/04/11 05:16:11時点 Amazon調べ-詳細)

本書の大部分は、著者であるフランクルの強制収容所での体験が詳述されています。彼はまずアウシュビッツに送られ、その後ダッハウに送られます。

フランクルは、収容所での恐ろしい状況や、正気を保つことができた方法について詳しく述べています。彼は、いつか自分の経験を世界に伝え、苦しんでいる人たちを助けたいという希望があったからこそ、生き延びることができたのだと考えているのです。

道は開ける

created by Rinker
¥755 (2024/04/11 05:16:11時点 Amazon調べ-詳細)

「道は開ける」は自分の人生とキャリアをコントロールするための本です。著者であるカーネギーは読者に、目標の立て方、モチベーションの保ち方、障害の乗り越え方など、成功を手に入れるための方法について詳しく紹介しています。

「道は開ける」は何度読み返したかわからないほど読み込んだ本です。成功への旅路に役立つヒントやコツが満載です。

人生がときめく片づけの魔法

created by Rinker
¥1,089 (2024/04/11 05:16:12時点 Amazon調べ-詳細)

本書はまず、家を断捨離するための基本的なコツやヒントから始まります。そこから、持ち物を適切に保管・整理する方法について詳しく説明されています。

また、物への感情的な執着にどう対処するか、なぜ片付いた家を維持することが重要なのか、といったトピックも取り上げています。この本を読み終えるころには、家を片付け、整理整頓するために必要なすべての知識を手に入れることができます。

始めよう。瞑想

瞑想は、心を集中させ落ち着かせる効果的な方法であり、心身の健康にさまざまな効果があります。本書では、瞑想の方法をわかりやすくステップバイステップで解説しています。

また、瞑想の種類や自分に合った練習方法を紹介しています。瞑想が初めての方にも、何年も続けている方にも、本書は瞑想の効果を最大限に引き出すための貴重な本となるはずです。

自省録

著者であるマルクス・アウレリウスは、紀元161年から180年まで在位したローマ五善帝の最後の皇帝です。

マルクス・アウレリウスは『自省録』の中で、高潔な生活を送り、ストイックな原則を守ることの重要性を説いています。

彼は、自分の行動に心を配り、常に理性と正義を持って行動することの必要性を強調し、また、他者と調和し、敬意をもって接することの重要性を説いています。

死ぬときに後悔しない方法

セネカは「死ぬときに後悔しない方法」の中で、後悔しない生き方について知恵を絞っています。まず、過去にとらわれず、今この瞬間を生きることの重要性を説きます。

そして、後悔しない生き方の鍵は、自分にとって本当に大切なものに目を向け、自分の価値観に沿った生き方をすることだと説いています。

本書を読むことで、後悔しない生き方を学び、すべての瞬間を最大限に楽しむことを学べます。

40代で読むべき知らないと後悔するお金・投資の本5選

マンガでわかる バフェットの投資術

株式市場で成功するための秘訣をマンガでわかりやすく解説しています。バフェットは、幼い頃からビジネスや投資に興味を持つようになり、世界で最も成功した投資家の一人とされています。

本書は、投資についてもっと知りたいと考えている人にとって、必読の書です。より良い投資家になるための有益な情報が詰まっています。

サクッと読めるので、ぜひ一読してみてください。

40代からは「稼ぎ口」を2つにしなさい

日本では、70代、80代まで働き続ける人が珍しくありません。しかし、著者の坂下仁志さんによると、40代になるまでに、老後の経済的な安心を得るために、「稼ぎの出口」を2つ持っておくといいのだそうです。

​​重要なのは、老後の収入について早くから考え、収入源を多様化することで、快適な老後を過ごすことができるということです。

一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!

本書は、退職後の生活設計に必要なすべての情報を網羅した完全ガイドです。

退職後の生活設計を考えるとき、多くの選択肢と考慮すべき点があります。しかし、選択肢が多すぎて、何から手をつければいいのかわからないこともあります。そこで、この本の出番です。

ソーシャルセキュリティ、税金対策、財産設計などの重要なトピックについても説明されています。

バビロン大富豪の教え

「バビロンの大富豪の教え」は、お金、権力、成功についての本です。世界で最も裕福な男性の一人からのアドバイスと知恵に満ちています。

この本は、お金、権力、成功に関するセクションに分かれています。各セクションで、著者は富、権力、成功を獲得し維持するためのアドバイスやヒントを提供しています。

ウォール街のランダム・ウォーカー

この本は1973年に出版された投資の古典です。古いながらも投資の本質について解説していますので、投資について学びたい人には、ぜひ読んでもらいたい本です。

本書では、株式市場の歴史、投資の種類、市場の種類など、幅広いトピックを取り上げています。 

40代におすすめの読書習慣と効果的な読書方法

40代になると、仕事や家庭の責任が増え、時間が限られてくるものです。

そんな中で、読書を続けるためには効果的な読書習慣と方法が必要になります

ここでは、40代におすすめの読書習慣と効果的な読書方法を5つ紹介します。

おすすめの読書習慣と効果的な読書方法
  • 毎日決まった時間に読書をする
  • 読書の目的を明確にする
  • 読書のスピードを上げる方法を試す
  • 本を選ぶ基準を決める
  • 読んだ内容をアウトプットする

1. 毎日決まった時間に読書をする

40代の忙しい日々の中で読書を継続するためには、毎日決まった時間に読書をする習慣をつけることが大切です。

例えば、朝の通勤電車の中や寝る前の30分など、自分にとって無理のない時間帯を設定しましょう

習慣化することで、読書を日常の一部にすることができ、効率的に知識を吸収できます。

2. 読書の目的を明確にする

読書の目的を明確にすることで、本を選ぶ際の基準ができ、無駄な時間を削減できます。

目的はスキルアップや情報収集、リラクゼーションなど、人それぞれ異なります。自分の目的に合った本を選ぶことで、読書の効果を最大限に引き出せます。

3. 読書のスピードを上げる方法を試す

読書のスピードを上げる方法を試すことで、限られた時間の中で効率的に本を読むことができます

例えば、スキマ時間を利用して速読の練習をしたり、音声アプリを使って聞きながら読むなど、いろいろな方法があります。

自分に合った方法を見つけて取り入れましょう。

4. 本を選ぶ基準を決める

40代になると読書時間が限られるため、本を選ぶ基準が重要になります。

例えば、評価の高い本やジャンル別のおすすめリストを参考にすることが有益です。ちなみに、この記事で紹介している本は、どれも評価が高いです。

また、自分の興味や目的に沿った本を選ぶことで、読書の効果を最大限に引き出すことができます。

選ぶ基準を決めることで、無駄な時間を削減し、効果的な読書ができます。

5. 読んだ内容をアウトプットする

読書の効果を高めるためには、読んだ内容をアウトプットすることが重要です

例えば、ブログやSNSで感想や学んだことをシェアしたり、読書メモをとるのもいいですね。

アウトプットすることで、新たな視点や意見を得られることもあります。積極的にアウトプットすることで、読書の効果をさらに向上させることができます。

まとめ

この記事では、40代で絶対読むべきおすすめ本をジャンル別に紹介しました。

あなたが自分の心と幸福、そして人生を向上させる方法を探しているなら、本を手に取ることを検討してみてください。

読書の効果を得るのに遅すぎるということはありません。

ABOUT ME
なおりん
フリーランス歴7年。Webディレクター/エンジニアとして活動中。40代を中心に働き方やメンタルヘルスについて発信するブログ運営者。より良いユーザー体験を提供することに情熱を持って取り組んでいます!