趣味

Netflixのおすすめ韓国映画18選!傑作揃いの映画を紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

韓国映画は、その独特なストーリーテリング、深いキャラクター描写、そして時には予測不可能な展開で世界中の視聴者を魅了してきました。

この記事では、Netflixで視聴可能な韓国映画の中から特におすすめの作品を厳選し、その魅力と見どころを紹介します

スリリングなサスペンス、心温まるドラマ、アクション満載のスペクタクルまで、幅広いジャンルの作品が揃っており、どれも見逃せない傑作ばかりです。

Netflixのおすすめ韓国映画18選

1. 新しき世界

  • 潜入捜査による緊迫感あるストーリー
  • 深い人間関係と複雑な心理描写
  • 実力派俳優による印象的な演技

「新しき世界」は、韓国のサスペンス映画で、国内最大の犯罪組織「ゴールドムーン」に潜入捜査中の警察官イ・ジャソンの複雑な心理と行動を描いた作品です。この映画は、緊迫感あふれるストーリー展開と、深みのあるキャラクター造形で観る者を魅了します。

物語は、イ・ジャソンがゴールドムーン組織内での信頼を積み重ね、彼と組織のナンバー2、チョン・チョンとの深い絆が描かれます。しかし、組織のリーダーの急死により後継者争いが勃発し、イ・ジャソンは複雑な状況に巻き込まれます。映画の中で、イ・ジャソンの身元が組織に知られる場面や、彼が組織を乗っ取るよう要求されるシーンは、特に印象的です。

キャストには、イ・ジャソン役にイ・ジョンジェ、彼の上司カン・ヒョンチョル役にチェ・ミンシク、チョン・チョン役にファン・ジョンミン、イ・ジュング役にパク・ソンウンという実力派俳優たちが名を連ねています。

映画は、典型的な任侠映画とは一線を画し、潜入捜査の要素が加わっているため、観客はハラハラしながら物語に引き込まれます。暴力的なシーンやグロテスクな表現もあるため、その点には注意が必要ですが、キャラクターやストーリーの進め方は韓国映画ならではの魅力を発揮しています。

「新しき世界」は、韓国のサスペンス映画の中でも特に注目される作品で、その深いストーリーとキャラクターの心理描写は、何度も見返したくなるような印象を残します。観終わった後には、物語や登場人物への思いが強く残るでしょう​​​​。

「新しき世界」は、ただのサスペンス映画を超えた深みを持っています。潜入捜査官の苦悩と、組織内の緊張感が見事に描かれ、登場人物たちの複雑な心情が視聴者の心を強く揺さぶります。終わった後も思いが残る、圧巻の作品です。

2. グエムル 漢江の怪物

  • 怪物パニックと家族ドラマの融合
  • 社会的テーマを含む深いストーリー
  • コメディとシリアスのバランスが絶妙

「グエムル – 漢江の怪物」は、ポン・ジュノ監督による韓国映画で、モンスターパニックと家族ドラマの要素を融合させた作品です。この映画は、2006年に韓国で公開され、大ヒットを記録しました。

物語の舞台は、ソウルを流れる漢江沿いです。映画は、在韓米軍の基地から漢江に有毒なホルマリンが投棄されるシーンから始まります。その後、漢江に住む奇妙な怪物「グエムル」が突如現れ、河岸でのんびり過ごす人々を襲います。この怪物によって、売店の主人であるカンドゥの娘、ヒョンソがさらわれてしまうという事件が発生し、家族はヒョンソを救出しようと奮闘します。

映画は、モンスタームービーの要素とともに、家族愛や社会的なテーマも深く掘り下げています。カンドゥの家族は社会的に弱い立場にあり、経済格差やその他の社会問題が背景に描かれています。また、アメリカに対する批判的なメッセージも映画には込められており、特に在韓米軍の行動が怪物誕生の原因として描かれています。

映画は、家族の結束を描く一方で、コメディ要素も含んでおり、シリアスな部分とユーモラスな部分が巧みにバランスを取っています。特に、家族がグエムルに立ち向かうシーンは、アクション映画としての見応えがあります。

また、ポン・ジュノ監督の作品としては、韓国国内で最も成功した作品の一つであり、世界的にも高く評価されています。映画は、その独特なスタイルと深いメッセージで、幅広い層の観客にアピールする内容となっています。

ただの怪物映画ではなく、家族の愛と社会的なメッセージが巧みに織り交ぜられた作品です。コメディとシリアスな展開のバランスが絶妙で、観る者を飽きさせません。

3. 新感染半島 ファイナル・ステージ

  • 壮大なスケールのサバイバルアクション
  • 迫力あるドライビングシーンとアクション
  • 家族の絆と人間性を描く深いテーマ

「新感染半島 ファイナル・ステージ」は、ポン・ジュノ監督の「新感染 ファイナル・エクスプレス」の続編として、ゾンビパンデミック後の朝鮮半島を舞台にしたサバイバルアクション映画です。この映画の主演はカン・ドンウォンが務め、制作費は約210億ウォン、上映時間は約116分で、韓国では観客動員数が約381万人に達しました​​。

物語の舞台は、未知のゾンビウイルスによって荒廃した半島です。4年後の話となり、元軍人のジョンソクは亡命先の香港で静かに暮らしています。彼に、半島に取り残された大金を積んだトラックを見つけて3日以内に帰還するという仕事が舞い込みます。ジョンソクは仲間と共に半島への潜入を決意しますが、彼らを待ち受けるのは無数のゾンビと、人間性を失った狂暴な民兵集団「631部隊」です​​。

映画の見どころは、まずそのスケールの大きさと緊迫感あふれるアクションシーンです。特に、若い女優イ・レが演じるキャラクターのドライビングテクニックは、迫力満点で印象的です。また、映画は人間の狂気や社会の腐敗を描きながらも、家族の絆や人間の強さをテーマにしています。この映画は、ゾンビ作品が好きな方にはもちろん、映像や世界観に迫力を求める方にもおすすめです​​​​。

「新感染半島 ファイナル・ステージ」は、前作の恐怖を引き継ぎながらも、新たな視点で朝鮮半島の荒廃した世界を描いています。前作を見た方はもちろん、新たな視点でゾンビ映画を楽しみたい方にも見ていただきたい作品です。

荒廃した世界でのサバイバルの緊迫感と、スリリングなアクションが息をのむほど。ゾンビ映画ファンには必見の作品です。

4. 甘酸っぱい

  • ラブコメから予想外の展開へ
  • 遠距離恋愛のリアルな描写
  • 巧妙な時間と人物関係のトリック

「甘酸っぱい」は、Netflixで視聴可能な韓国映画で、恋愛ドラマのジャンルに属します。この映画は、ラブコメディとしてスタートしますが、最終的には予想外の展開を迎え、視聴者を驚かせます。

物語の主人公はチャンヒョクとダウンというカップルです。チャンヒョクは、ダウンという看護師と恋に落ちます。当初は愛情深く、幸せな関係を築いていましたが、物語が進むにつれて、遠距離恋愛や仕事のプレッシャーによって関係に亀裂が生じ始めます。チャンヒョクがソウルの大企業に派遣されることになり、彼とダウンの間には、遠距離という壁が立ちはだかります。

映画の中で特に注目すべきは、主人公のチャンヒョクとボヨンというキャラクターとの関係です。ボヨンはチャンヒョクと同じく派遣されてきた女性同僚で、彼女の登場によって、チャンヒョクの感情はさらに複雑になります。

また、この映画は「イニシエーション・ラブ」という日本の作品を原作としているものの、いくつかの設定が変更されています。たとえば、映画の終盤では、一見して同一人物と思われた二人のヒョクが実は別人であることが明かされます。彼らは同じスニーカーを履いていることや名前が似ていること、そして時間の進行が巧妙に描かれているため、観客は彼らを同一人物と誤解します。

「甘酸っぱい」は、恋愛関係の甘さと苦さをリアルに描いた映画で、特に時間の流れや人物の関係性に関するトリックは見事です。視聴者を最後まで惹きつけるストーリーテリングと、驚きのどんでん返しは、この映画の大きな魅力となっています​​​​​​。

初めは普通のラブコメのようでいて、次第に深みを増すストーリーが印象的。恋愛の甘さと苦さを見事に描き出し、最後のどんでん返しが見る者を完全に虜にします。心温まるだけでなく、考えさせられる作品です。

5. ザ・コール

  • 過去と現在を繋ぐユニークな設定
  • サスペンスとミステリーの巧みな融合
  • 実力派女優による引き込まれる演技

「ザ・コール」は、Netflixで視聴可能な韓国のスリラー映画です。この映画は、過去と現在が謎の電話を介して繋がるというユニークな設定を持っています。

主人公のソヨンは、母の入院をきっかけに実家に戻ります。そこで彼女はスマートフォンを失くし、家の固定電話から自分の携帯にかけると、見知らぬ女性が出ます。その後、固定電話にかかってくる謎の電話には、「助けて」「母に殺されそう」という声が聞こえます。電話の相手、ヨンスクはソヨンの実家に住んでおり、彼女が1999年に住んでいることが判明します。これにより、ソヨンとヨンスクは過去と現在を超えて通話し合うことになります​​。

映画の見どころは、タイムリープという不思議な設定、出来事の展開、そしてサスペンス性にあります。過去と現在が交差し、それによって生じる様々な出来事が映画のスリルを高めています。ヨンスクとソヨンの関係は徐々に変化し、過去に起こった出来事を変える試みがサスペンスを生み出します。最終的な展開も非常に驚くべきものであり、視聴者を最後まで引き込む力を持っています​​。

全体的に、映画は女性主体のスリラーとしての特色があり、パク・シネとチョン・ジョンソといった実力派の女優たちが出演しています​​。この映画は、サスペンスやミステリーが好きな方に特におすすめです。

タイムリープを駆使したストーリーが魅力。過去と現在が絡み合う謎解きはまさに圧巻で、最後まで目が離せない。サスペンス好きにはたまらない、思わず息をのむ作品です。

6. #生きている

  • ゾンビパニックとサバイバルの融合
  • 閉じ込められた空間での緊張感
  • ユ・アインとパク・シネの豪華共演

「#生きている」は、疫病によってゾンビ化した人間が無差別に人を襲い始めるという、集合住宅を舞台にしたゾンビパニックアクション映画です。主演はユ・アインとパク・シネが務め、ゾンビ化する前のイ・ヒョヌクの意外な演技も注目されています​​。

映画は、ゲームオタクの青年オ・ジュヌが集合住宅の一室に取り残され、ゾンビの蔓延した街でのサバイバルを描いています。彼は、隣の棟に住むユビンと無線で連絡を取り、共に生き残る方法を模索します。彼らは数々の危険を乗り越えながら、ゾンビの群れと戦い抜きます。特に、ゾンビとの戦闘シーンは、ハラハラどきどきの緊張感があり、視聴者を引き込みます​​​​。

「#生きている」は、公開当初、韓国での観客評価は8.07点/10点となっており、コロナウイルスの影響による映画館の閉鎖後に公開された作品としては、比較的高い評価を得ています。ただし、期待値とのギャップからか、低評価も見られました。映画のストーリーや演出に新しさを感じられなかったという声もある一方で、ユ・アインとパク・シネの豪華共演は高く評価されています​​。

この映画の見どころは、一つの建物に閉じ込められた中でのサバイバル、人間関係の複雑さ、そしてゾンビとのスリリングな戦いです。映画の終盤には、途方に暮れた二人が屋上で救助されるシーンがあり、最後の最後まで視聴者の心を掴んで離しません。また、映画は現代のデジタル時代の要素を取り入れ、ソーシャルメディアが重要な役割を果たすなど、新しいアプローチを見せています。

ゾンビ映画のファンだけでなく、サバイバルドラマやアクション映画を楽しむ視聴者にもおすすめの作品です。Netflixでの配信により、自宅で気軽に楽しむことができます。

7. バレリーナ

  • 強烈なアクションと復讐劇
  • 主演チョン・ジョンソの魅力的な演技
  • カラフルでポップな視覚的要素

「バレリーナ」はNetflixで独占配信されている韓国映画で、元警護員のオクジュが主人公です。彼女は親友ミニの突然の自殺にショックを受け、ミニが遺した「復讐してほしい」というメッセージに基づき、ミニを自殺に追い込んだ犯人、チェプロに対する復讐計画を実行に移します。

この映画の魅力は、強烈なアクションシーンと、復讐劇のスリリングな展開にあります。オクジュは警護員としての訓練を受けており、護身術、剣術、銃器、バイクなど多彩な技術を駆使して復讐を果たします。彼女を演じるチョン・ジョンソは、その身体能力を存分に活かしたアクションシーンで魅力を発揮しています。

また、映画にはミニ役のパク・ユリムや、女子高生役のシン・セフィなど、魅力的なキャストが揃っています。特にパク・ユリムは、米アカデミー賞で国際長編映画賞を受賞した「ドライブ・マイ・カー」に出演したことで注目された女優です。

視覚的な要素もこの映画の大きな特徴で、カラフルでポップな色彩が映像に華を添えています。ただし、復讐がテーマであるため、血まみれのシーンも多く、苦手な方は注意が必要です。

「バレリーナ」は、アクションや復讐劇が好きな視聴者にとって、見応えのある作品と言えるでしょう。ストーリーの展開やキャラクターの魅力が存分に発揮されたこの映画は、Netflixで視聴可能です​​​​​​。

主演のチョン・ジョンソが見せるアクションシーンは圧巻で、カラフルなビジュアルがストーリーに彩りを加えています。アクション好きならぜひ見てほしい作品です。

8. チェイサー

  • 実話に基づくリアルなストーリー
  • 主演キム・ユンソクの深い演技
  • 強烈なサイコパスの描写

「チェイサー」は、韓国の実話に基づいた衝撃的な映画で、Netflixで視聴することができます。この映画は、元刑事でデリバリーヘルスのオーナーであるジュンホ(キム・ユンソク)が、彼の店で働く女性たちが次々と失踪する事件を追いかけます。彼は、顧客名簿に共通の電話番号を見つけ、これが犯人であるヨンミン(ハ・ジョンウ)との対決に繋がります​​。

この映画は、ただのアクション映画ではありません。実際に起きた残忍な事件を基にしており、そのリアルな描写は観る者に強い印象を与えます。ジュンホは犯人を追い詰める過程で、彼自身の心の変化が描かれています。また、ヨンミン役のハ・ジョンウは、普通の青年に見えるが実は異常者で、その演技は圧巻です​​。

この映画の見どころは、二人の主要人物の壮絶な戦いと、それによって引き起こされる狂気です。韓国映画特有の人間臭さと過激な描写が強烈な印象を残します。サイコパスとして描かれるヨンミンと、彼を追うジュンホの変化は、見る者を魅了するでしょう。ただし、暴力的なシーンや痛々しい描写が苦手な人には、視聴が難しいかもしれません​​。

映画「チェイサー」は、韓国映画の質の高さを示す作品で、そのショッキングな内容からR18指定を受けています。監督はナ・ホンジン、主要なキャストにはキム・ユンソクやハ・ジョンウが含まれ、数々の賞を受賞しています​​。この映画を見れば、韓国映画が世界的に評価される理由がよくわかるでしょう。

実際の残酷な事件をベースにした衝撃作。キム・ユンソクとハ・ジョンウの演技が圧巻で、サスペンス映画の新たな地平を開く。韓国映画の深みと緊張感を味わえる傑作です。

9. オールド・ボーイ

  • 深い心理描写と複雑な謎解き
  • チェ・ミンシクの圧倒的な演技
  • パク・チャヌクの独特な演出

「オールド・ボーイ」は、パク・チャヌク監督による衝撃的な韓国映画で、Netflixで視聴可能です。主人公オ・デス(チェ・ミンシク演)は、ある夜、突然何者かに拉致され、理由もわからず15年間監禁されます。彼が解放されると、その場所はかつて拉致された公衆電話のあった場所で、現在はマンションが建っていました。解放されたデスは、復讐を誓い、自分を監禁した人物を追い求めます。

この映画の見どころは、デスが監禁生活中に鍛えた自己トレーニングの成果を試すシーンや、復讐のために過去を辿り、真相を暴く過程です。デスは、15年間毎日同じ餃子を食べさせられた記憶を頼りに、監禁場所を突き止めます。その過程で、若い女性板前ミド(カン・ヘジョン演)と出会い、二人は互いの孤独を埋めるように近づいていきます。

「オールド・ボーイ」は、単なる復讐劇にとどまらず、深い心理描写や謎解きが魅力的です。特に、監禁の理由や犯人の動機が明らかになる終盤の展開は、観客を圧倒します。パク・チャヌク監督の独特な演出と、チェ・ミンシク、カン・ヘジョンの熱演が光る作品で、その衝撃的な内容から、韓国ではR18指定を受けました。

この映画の核心部分は、デスが受ける後催眠暗示という技法です。これは、催眠状態で特定の行動を取るように暗示をかけるもので、デスの行動や出会いに大きく影響を与えます。彼の過去や、彼が監禁された背景には、高校時代の出来事が深く関わっています。

映画は、デスの監禁解明の過程を追いながら、観客に多くの疑問を投げかけ、最後には衝撃的な結末が待っています。この謎解きと心理描写の深さが、「オールド・ボーイ」の最大の見どころと言えるでしょう。

チェ・ミンシクの迫真の演技とパク・チャヌクの斬新な演出が見事に融合し、最後まで息をのむ展開に引き込まれる。観る者に深い印象を残す映画です。

10. 20世紀のキミ

  • 90年代ノスタルジックな雰囲気
  • 純真な初恋の描写
  • 感動的なラブストーリー展開

「20世紀のキミ」は、1999年の韓国を舞台にした青春ロマンス映画です。この作品は、Netflixで視聴可能で、17歳の少女ボラの物語を描いています。ボラは、友情を何よりも大切にする少女で、親友ヨンドゥの恋のキューピッド役を担います。彼女は、ヨンドゥの初恋の相手、ヒョンジンを観察し、報告することになります。しかし、この任務の過程でボラ自身も予期せぬ初恋に落ちてしまいます。

この映画は、90年代のノスタルジックな雰囲気が特徴で、当時のファッションや小物、ポケベルなどの小道具が登場します。また、キム・ユジョン演じるボラの純真なキャラクターや、清潔感あふれるイケメンのウノとの関係も見どころの一つです。

最後には、視聴者の心を揺さぶる切ない展開が待っています。ボラの初恋相手ウノは、ニューヨークへ帰る予定で、彼が帰国したら再会を約束しますが、ウノからの連絡は突然途絶えてしまいます。10年後、ボラは実家に届いた写真展の招待状を受け取り、写真展を訪れることになりますが、そこでウノの死を知ることになります。この突然の展開は、多くの視聴者に衝撃を与えました。

映画は、ウノの死因を明確には示しませんが、事故だったのではないかという推測がされています。ボラとウノの再会を期待していた視聴者にとって、このラストは非常に切ないものとなりました。

全体として、「20世紀のキミ」は、学生時代の恋愛と友情を軸にした、感動的なラブストーリーです。ボラとウノの初恋の物語は、多くの人に共感を呼び、愛おしい思い出として心に残ることでしょう​​​​​​​​​​。

90年代の雰囲気と純粋な初恋の物語は、観る人の心を深く打ち、切なくも美しい終わりは長く心に残ります。青春時代の甘酸っぱさを感じさせる感動作です。

11. 哭声/コクソン

  • 不気味な雰囲気と予測不可能な展開
  • 深い心理的要素を持つストーリー
  • 祈祷師による除霊の重要な役割

「哭声/コクソン」は、ナ・ホンジン監督による韓国のホラー・スリラー映画です。この映画は、得体の知れない日本人が関わるとされる一連の残虐な殺人事件が起こる平和な田舎の村を舞台にしています。事件の担当警官ジョングは、自分の娘にも同じような湿疹が出始めたことから、この日本人の男を犯人と疑い、彼を追い詰めることで村はさらなる混乱に陥ります​​。

この映画の見どころは、不気味な雰囲気とストーリーの複雑さにあります。日本人の男とされる謎の人物が事件の鍵を握っているとされ、彼に関わる人々が異常な状況に陥ります。事件の捜査が進む中、ジョングの娘が病気にかかり、彼は家族を救うために奔走します。映画の中での日本人の男の役割は、観客を疑惑と混乱の渦に巻き込みます​​​​。

また、映画では祈祷師による除霊のシーンが描かれ、この除霊が物語の重要な部分を占めています。娘を救うためにジョングは祈祷師に依頼し、この除霊が進む中で娘の状態が悪化し、さらに混沌としていきます​​。

映画の終盤では、ジョングが日本人の男を殺害してしまい、この出来事が後に重要な意味を持つことになります。映画はジョングの家族に訪れた悲惨な結末に焦点を当て、視聴者に強烈な印象を残します​​。

全体的に、「哭声/コクソン」は、不気味で神秘的な雰囲気、予測不可能な展開、深い心理的な要素を持つ映画です。観客は、ストーリーの複雑さとキャラクターの深い心理描写を通して、人間の恐怖や疑念を体験することになります。

不気味な雰囲気とストーリーの複雑さが絶妙に絡み合い、観る者を緊張感の中に引き込みます。心理的な深みと神秘的な要素が印象的な一作。

12. SEOBOK/ソボク

  • クローン人間の能力と人間関係の描写
  • 生命の価値と運命についての深い掘り下げ
  • 超能力の要素を含むサスペンスフルなストーリー

「SEOBOK/ソボク」は、イ・ヨンジュ監督によるSFサスペンス映画で、不老不死の能力を持つクローン人間ソボクと、余命わずかな元情報局員ギホンの物語を描いています。クローン人間のソボクは、人間の疾患を治す力を持ち、人類に永遠の命を与えることが可能です。一方、ギホンは不治の病に侵されており、国家の極秘プロジェクトでソボクを護衛する任務を受けます。

この映画の見どころは、ギホンとソボクの間に芽生える奇妙な絆です。ソボクは、研究所で育てられたため、外の世界に対する好奇心が強いですが、同時に不老不死の存在としての葛藤を抱えています。ギホンとソボクは、逃亡の中で徐々にお互いを理解し、深い関係を築いていきます。

物語の中で、ソボクを巡る様々な勢力が交錯します。ソボクが持つ特異な能力により、彼を利用しようとする政府や研究所、さらには外国の組織も介入し、二人の逃亡はより危険なものとなります。ソボクの能力には超能力の要素も含まれており、彼がそれを使って起こす騒動も見どころの一つです。

映画のクライマックスでは、ソボクの自由と生命の価値、そしてギホンの過去と現在が交錯し、感動的な結末を迎えます。ギホンとソボクは互いに影響を与え合い、生命の意味や人間性について深く考察する機会を与えてくれます。

全体的に「SEOBOK/ソボク」は、人間とクローン人間の関係性、生命の価値、そして運命と選択について深く掘り下げた作品であり、視聴者に多くの思考材料を提供する映画です​​​​​​。

ソボクの不思議な能力とギホンの内面の葛藤が見事に描かれており、感動的な結末に心を打たれます。考えさせられる一作です。

13. 殺人の追憶

  • 実際の未解決事件を基にしたストーリー
  • 刑事たちの心理描写と捜査の苦闘
  • 1980年代韓国社会の矛盾と弊害の浮き彫り

「殺人の追憶」はポン・ジュノ監督による韓国のクライムサスペンス映画で、1986年から6年間にわたって韓国で発生した未解決の連続殺人事件を題材にしています。この作品は、実際の事件を背景にしており、捜査に携わる刑事たちの心理を深く描いています。

映画は1980年代の韓国の農村を舞台にしています。地元警察の刑事パク(ソン・ガンホ演)と、ソウル市警から派遣された刑事ソ(キム・サンギョン演)が、一連の殺人事件の捜査に当たります。物語は、若い女性の犠牲者が残忍に殺害されるシリーズの事件に焦点を当て、犯人を捕まえるための刑事たちの奮闘を描きます。

ポン・ジュノ監督は、この映画を通じて、1980年代の韓国社会の矛盾や弊害を浮き彫りにしています。また、警察の捜査方法やアメリカの影響力など、当時の韓国社会の問題点にも触れています。特に、刑事たちが真実を見つける過程での苦闘や矛盾が、韓国の社会的な問題と密接に絡んでいることが示されています。

見どころとしては、実際に起こった事件を基にしながらも、登場人物たちの心理描写や社会的な背景に深く踏み込んでいる点が挙げられます。また、ソン・ガンホが演じる無骨な田舎の刑事とキム・サンギョンが演じる都会的な刑事の対比も見どころの一つです。

映画の結末では、事件は未解決のまま終わり、観客に深い印象を残します。このラストシーンは、観客に対して犯人が誰であるか、あるいは事件の真相について考えさせるような仕組みになっています。

ポン・ジュノ監督の初期作品として、彼の映画作りの特徴が既に顕著に表れている作品であり、後の「パラサイト 半地下の家族」などの作品と共通するテーマや手法が見られます。この映画は、サスペンス映画としての面白さだけでなく、社会的なメッセージも含んでいるため、多くの観点から楽しむことができる作品です​​​​​。

実際の事件を基にしたリアリティと、ソン・ガンホとキム・サンギョンの熱演が、この映画を単なるエンターテイメントではなく、考えさせられる作品に仕上げています。

14. ソウル・バイブス

  • 1980年代韓国のレトロな雰囲気
  • スリリングなアクションとカーチェイス
  • コメディからシリアスへのストーリー展開

「ソウル・バイブス」は、1988年のソウルオリンピックの年を背景にしたNetflixオリジナルの韓国映画です。この作品は、サウジアラビアで運び屋をしていたドンウクとその仲間たちが、韓国に帰国した後、検察からの特命を受けて裏社会の大物の不正資金を追うスパイミッションに巻き込まれるというストーリーを描いています。カーチェイスやスパイ活動が物語の中心となっており、アクションとエンターテインメントの要素が強い作品です。

映画はユ・アインが演じるドンウクを中心に、彼の妹でありバイク同好会会長のユニ(パク・ジュヒョン)、ドンウクにとって弟のような存在である整備士のジュンギ(オン・ソンウ)、裏社会の大物であるカン・インスク会長(ムン・ソリ)などの個性的なキャラクターが登場します。彼らが様々な障害を乗り越えながら任務を遂行していく姿が描かれています。

「ソウル・バイブス」は、1980年代の韓国の文化やファッション、音楽が色濃く反映された作品で、レトロな雰囲気が特徴です。また、ヒップホップやダンスミュージックが作品の雰囲気を盛り上げます。映画は、アクション映画の定番であるカーチェイスシーンが多く、そのスリリングな展開が見どころの一つです。

ストーリーは、前半はコメディ要素が強く、後半に向かってシリアスな展開へと変わっていきます。特に、終盤のドンウクが飛行機に突っ込むシーンなど、アクション映画としての見応えがあります。ただし、ストーリーにはリアリティに欠ける部分もあり、視聴者によってはその点が気になるかもしれません。

レトロな雰囲気と音楽、スリリングなカーチェイスが見どころです。ストーリーのコメディとシリアスの絶妙なバランスが楽しめる一作。

15. The Witch 魔女

  • 遺伝子操作による超能力の描写
  • 突然変異するストーリーと急展開
  • キム・ダミの印象的な演技

「The Witch 魔女」は、記憶を失った少女ジャユンの物語を描いた韓国映画です。ジャユンはある研究施設から逃げ出し、偶然出会った酪農家夫婦に救われ、その家で育てられます。しかし、彼女が普通の女子高生ではないことが徐々に明らかになります。ジャユンには遺伝子操作によって与えられた超能力があり、この能力が映画の重要な要素となっています。

ストーリーは、ジャユンが家族を助けるために歌手オーディションに参加することから始まります。このオーディションでのパフォーマンスが、彼女の超能力を発動させ、彼女を研究施設から逃げ出した少女だと気づいた組織によって追われるきっかけとなります。

映画の見どころは、一見普通の女子高生として描かれるジャユンが、実は強力な能力を持つことを徐々に明らかにしていく過程です。最初はどこにでもいるような純朴な女子高生が、突然ストーリーが急展開し、彼女の真の姿が明かされる瞬間は非常に印象的です。ジャユンのアクションシーンも見応えがあり、彼女の演じるキム・ダミの演技が高く評価されています。

また、映画はジャユンが自らの過去と向き合い、彼女を取り巻く謎を解き明かしていく過程を描いています。最終的には彼女が自らの存在と向き合う姿が強く印象に残ります。続編『THE WITCH/魔女 ―増殖―』への期待も高まる内容となっており、映画の終わり方が観客の好奇心を掻き立てます。

キム・ダミの演技が際立ち、普通の女子高生から強力な能力者へと変貌する姿が圧倒的です。ストーリーの意外な展開が観る者を引き込み、最後まで目が離せない作品。

16. スペース・スウィーパーズ

  • 韓国映画初のスペースオペラ
  • 壮大な宇宙の映像と迫力あるSFアクション
  • 人間関係と倫理的な問題の深み

「スペース・スウィーパーズ」は、韓国映画界初のスペースオペラとして注目を集めた作品です。2092年の未来を舞台に、宇宙でゴミ回収を行う宇宙船「勝利号」とその乗組員たちの物語を描いています。

物語の中心は、勝利号のパイロットであるキム・テホ(ソン・ジュンギ)と船長のチャン(キム・テリ)。彼らは宇宙に散乱する金目のゴミを回収する荒っぽい仕事をしており、その生活は借金に苦しむ貧しいものでした。ある日、彼らは一人の少女を発見します。この少女は行方不明とされていた子ども型ヒューマノイド「ドロシー」で、彼女の体内には水素爆弾が内蔵された大量破壊兵器とされていました。乗組員たちはドロシーを使って大金を得ようと危険な取引に乗り出すことになります。

映画は、宇宙ゴミ回収船の乗組員たちの日常と、彼らが行う危険なミッションを軸に展開します。各キャラクターは魅力的で、その中でもバブズというプログラム修正された軍事ロボットや、UTSのCEOであるジェイムス・サリヴァンなどが重要な役割を果たしています。

「スペース・スウィーパーズ」の最大の見どころは、壮大な宇宙の映像と、人間らしさを描いたドラマです。宇宙を舞台にしたSFアクションシーンは迫力満点で、映画のスケールの大きさを感じさせます。また、乗組員たちの人間関係や、彼らが直面する倫理的な問題も描かれており、アクションだけでなく深みのあるストーリーが楽しめます。

圧倒的な映像美とスリリングなアクションはもちろん、乗組員たちの人間ドラマが心に響く。未来の宇宙を舞台にした大冒険を楽しむことができる一作です。

17. 殺人鬼から逃げる夜

  • 聴覚障害者の特有の恐怖の描写
  • 緊張感あふれる逃走劇と心理戦
  • ゴーストタウンの不気味な舞台設定

「殺人鬼から逃げる夜」は、聴覚障害を持つ主人公ギョンミと彼女の母親が、冷酷な連続殺人鬼ドシクに狙われるサスペンス映画です。この映画は、緊張感あふれる逃走劇と、聴覚障害者が直面する特有の恐怖を描いています。

映画の中心人物は、聴覚障害を持ち、手話を使うお客様相談窓口の担当者ギョンミ(演じるのはチン・ギジュ)。ある夜、ギョンミは帰宅途中に血を流して倒れている女性ソジョンを発見します。この瞬間から、彼女は冷酷な連続殺人鬼ドシク(ウィ・ハジュン)に追われることになります。ギョンミは母親(キル・ヘヨン)と共に、助けを求めながら逃げ続けますが、彼女たちの聴覚障害がこの逃走劇にさらなる緊迫感をもたらします。

映画の舞台は、ソウルの再開発地域で、夜間はほとんど人がいないゴーストタウンのようなエリアです。この不気味な環境は、映画に恐怖感を強化する背景となっています。ギョンミの母親はドシクを怪しんでいるが、警察には証拠がないため、犯人として捉えられません。

ドシクはギョンミの家の場所を突き止め、家に侵入しようとします。この緊迫した状況の中で、ギョンミは必死に抵抗し、母親と共に逃げ続けます。一方、ギョンミの状況に気づいた兄ジョンタク(パク・フン)も物語に参入し、姉妹を助けようとします。

「殺人鬼から逃げる夜」は、サイコサスペンスとして緊張感が続く演出で、無音の恐怖をうまく表現しています。映画の後半では、ギョンミが繁華街に逃げ込み、最終的には自らの機転でドシクに対抗します。映画は、視聴者に緊張感を持続させ、心理戦の巧みな構成で観客を引き込む内容となっています​​​​​​。

サスペンスと緊迫した逃走劇が見事に絡み合い、観る者を息もできないほどの緊張感に引き込みます。恐怖と緊迫感を味わいたい方にはおすすめの映画です。

18. スマホを落としただけなのに

  • スマートフォンを通じた現代的な恐怖の描写
  • サイコスリラー的な緊迫感
  • 個人情報の危険性と人間関係の問題提起

「スマホを落としただけなのに」は、日本の同名小説を原作とする韓国映画で、Netflixで独占配信されています。このサスペンス映画は、スタートアップ企業のマーケターとして働く女性、ナミ(チョン・ウヒ)がスマホを落としたことから始まります。彼女のスマホはジュニョン(イム・シワン)によって拾われますが、実は彼はスマホにスパイウェアをインストールし、ナミの個人情報や日常生活を把握し始めます。

物語は、ナミが自分のスマホを落とし、それがジュニョンによって拾われるところからスタートします。ナミはジュニョンがただの親切な人だと思い込みますが、彼は実はナミの生活を監視し、彼女の親友ウンジュ(キム・イェウォン)や父親(パク・ホサン)をも巻き込んで操り始めます。ジュニョンはナミを追い詰め、彼女の人生を破壊していきます。

この映画の主要な見どころは、スマートフォンが私たちの生活に与える影響を巧みに描いたサイコスリラー的な要素です。ナミの日常生活が徐々に崩壊していく様子や、スマホを通じた監視という現代的な恐怖がリアルに描かれています。また、イム・シワンが演じるジュニョンの狂気じみた行動や、彼によって追い詰められるナミの心理状態が緊迫感をもたらします。

映画は、スマートフォンがいかに私たちの生活に密接に関わっているか、そしてそれがどれほどの危険をはらんでいるかを描きながら、人間の孤独や繋がりの問題も浮き彫りにしています。スリリングな展開と、現代社会が抱える問題を巧みに組み合わせたストーリーが、観客に深い印象を残すことでしょう​​​​​​。

現代社会のテクノロジーに潜む危険を巧みに描いた作品です。スマートフォン一つで人生が狂わされる怖さをリアルに描き出し、視聴者を緊張の渦に巻き込みます。サイバーセキュリティの重要性を痛感させる、考えさせられる映画です。

韓国映画の魅力とは

韓国映画の魅力は、その多様性、深いストーリーテリング、そして革新的な映像表現にあります。韓国映画業界は、独特な文化的背景と社会的諸問題を巧みに取り入れ、国際的な舞台で高い評価を得ています。ここでは、韓国映画の魅力を三つの側面から探っていきましょう。

まず、多様性について。韓国映画はジャンルの幅広さで知られています。ロマンティックなラブストーリーから、ハードボイルドなアクション、深く心を揺さぶるドラマ、スリリングなサスペンスに至るまで、多岐にわたります。

特に、伝統的な韓国文化を取り入れた映画や、現代韓国社会の矛盾を鋭く描いた作品は、国内外で高く評価されています。また、韓国映画は国際的な視野を持ち、世界各国の映画祭で受賞歴を重ねています。

次に、ストーリーテリングの深さ。韓国映画は、単なるエンターテイメントを超え、観客に深い感動や洞察を与えるストーリーが特徴です。複雑でリアルなキャラクター、予測不可能な展開、そして感情的な深みを持つ物語は、観客を引き込みます。

韓国の歴史や社会問題を反映した作品は、観客に新たな視点を提供し、しばしば議論を呼び起こします。

最後に、映像表現の革新性。韓国映画は、映像技術の面でも非常に革新的です。美しい映像、独創的な撮影手法、そして先進的な特殊効果は、韓国映画の大きな魅力の一つです。

視覚的な魅力はもちろん、音楽やサウンドデザインにおいても高いクオリティを誇ります。これらの要素が組み合わさることで、韓国映画は独自の雰囲気を生み出し、観る者を作品の世界に没入させます。

韓国映画の魅力は、これらの要素が融合することで形成されています。この映画業界は、独自の文化的アイデンティティを維持しつつも、常に革新的であり続けています。韓国映画が国際的に認知され、愛される理由はここにあります。

要点としては、以下の3つが挙げられます。

  • ジャンルの多様性:ロマンスからアクション、ドラマまで幅広いジャンルをカバー。
  • 深みのあるストーリーテリング:複雑なキャラクターや社会的テーマを扱う。
  • 革新的な映像表現:美しい映像と先進的な撮影技術で、観る者を魅了。

Netflixがおすすめな理由とは?

豊富なコンテンツ

Netflixはその多様性と幅広いラインナップで知られています。

映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー、スタンドアップコメディなど、あらゆるジャンルの作品が揃っています。クラシックから最新の話題作まで、国内外の様々な作品がラインナップされており、どんな視聴者の好みにもマッチするコンテンツが見つかります。

そのため家族全員や異なる趣味を持つ友人たちとも共有しやすいエンターテインメントプラットフォームとなっています。

オリジナルコンテンツ

Netflixのもう一つの大きな魅力は、その独自制作のオリジナルコンテンツです。

Netflixオリジナルの映画やシリーズは国際的に高い評価を受けており、数多くの賞を受賞しています。これらのオリジナル作品は、Netflixでしか視聴できないエクスクルーシブな内容であり、ジャンルの革新性や話題性に富んでいます。

そのため視聴者はどこでも見ることのできないユニークな体験を得ることができます。

多様なプランと価格設定

Netflixは利用者のさまざまなニーズに対応するために、複数の料金プランを提供しています。

プラン価格
Basic990円
Standard1490円
Premium1980円

基本プランからスタンダード、プレミアムプランまで、画質や同時視聴可能なデバイスの数が異なります。

個人の利用者から家族やグループでの共有に至るまで、予算や利用状況に応じて最適なプランを選ぶことができます。また、プランはいつでもアップグレードやダウングレードが可能で、柔軟な利用が魅力です。

まとめ

この記事ではNetflixで視聴できるおすすめの韓国映画を紹介しました。

ここで紹介した映画は、それぞれが独自の魅力と深い感動を持っています。韓国映画界が誇る傑作たちは、心揺さぶるドラマ、スリル満点のサスペンス、アクションから深い社会的メッセージまで、幅広いテーマで私たちを魅了します。

これらの作品を通じて、韓国映画の多様性と表現の豊かさを体感してください。きっと、あなたの視聴体験を新たな次元へと引き上げる一作が見つかるでしょう。