キャリア・転職

40代未経験からWebエンジニアになるには?スキルマップを詳しく解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
40代の男性

40代からWebエンジニアへ転職/独立はあり?

40代の女性

未経験からWebエンジニアになる方法を詳しく知りたい

40代から未経験の領域であるWebエンジニアへ転職または独立を考えるなんて、少々無謀と感じるかもしれません。

しかし、一歩一歩しっかりと学習を進め、スキルを身につけることで、新しいキャリアを開始することは十分可能です。

この記事では、40代からWebエンジニアとして新たなキャリアをスタートするための具体的なステップと方法を紹介します

40代で未経験からWebエンジニアになるのはありなのか?

Webエンジニアとは、WebサイトやWebアプリケーションの開発を担当する専門家のことです。

プログラミング言語を使いこなし、ユーザーが使いやすく、見た目も魅力的なWebサービスを作り出す役割を果たします。

では、40代未経験からWebエンジニアに転職や独立することは可能なのでしょうか?

未経験からWebエンジニアになれる?

未経験からWebエンジニアになることは、確かに可能です。

しかし、40代という年齢は、ある程度の経験とスキルが求められる年齢でもあります。

現場では即戦力として活躍できるエンジニアが求められていることが多く、特に40代では一定のスキルレベルや知識が必要とされます

40代の場合、若手と比較して転職の回数が少なくなる傾向があり、そのため次の転職先では長期間働くことが予想されます。

その結果、企業は40代のエンジニアに対して即戦力としての能力を求め、さらには長期間にわたってスキルを活かして貢献できる人材を求めることが多いのです。

しかし、Webエンジニアという職種は、技術的なスキルが中心となる職種であるため、スキルを身につけることができれば、未経験であっても十分にチャレンジすることが可能です

  • 未経験からWebエンジニアになることは可能
  • 40代では一定のスキルレベルや知識が必要
  • 40代のエンジニアは即戦力としての能力が求められる
  • 40代のエンジニアは長期にわたって貢献できる人材が求められる
  • スキルがあれば未経験でもチャレンジ可能

Webエンジニアが40代のキャリアに与える影響とは?

Webエンジニアになると、キャリアは確実に変化します。

一般的に、Webエンジニアは自分の時間を自由に使えるという大きな利点があります。オフィスに拘束されることなく、自宅やカフェ、コワーキングスペースなど好きな場所で作業が可能な場合が多いです

これは、ライフスタイルを柔軟に保ちたい40代にとっては魅力的なポイントでしょう。

Webエンジニアは常に新しい技術を学び、そのスキルを磨き続ける必要があります。

40代という年齢では、新しいことを学ぶのは苦痛だと感じるかもしれませんが、それは違います。

新しい技術を学ぶことは、常に自己成長を促し、仕事のモチベーションを高める効果があります。

Web業界は技術が進化し続ける分野であるため、キャリアの選択肢も広がります。

Webエンジニアになるための学習が無駄でない理由とは?

Webエンジニアになるための学習は、確かに一定の労力と時間を必要とします。

しかし、その労力は決して無駄にはなりません。なぜなら、Webエンジニアが必要とするスキルは、今のデジタル社会で非常に価値があるからです。

それらのスキルを身につけることで、自分自身の価値を高め、多様なキャリアの道を開くことが可能となります。

  • プログラミングスキルの汎用性が高く、幅広い領域で活用可能
  • Web技術知識は社会人としての価値を高める
  • IT業界は高需要なので多様なキャリアパスが開ける
  • スキル習得の永続性、自身の成長や達成感を得られる
  • 独立する選択肢の拡大

40代でWebエンジニアになるメリットとは?

40代からでもWebエンジニアになることのメリットは大いにあります。

ここではそのメリットを5つに絞りました。

Webエンジニアへ転職/独立するメリット
  • フレキシブルな働き方が可能
  • 常に新しい知識を学べる
  • 自由にアイデアを形にできる
  • 高い報酬を得られる可能性
  • 需要が高く、安定したキャリアを築ける

これらのメリットについて、詳しく解説していきます。

メリット1.フレキシブルな働き方が可能

Webエンジニアとして働く一つの大きな魅力は、働き方の柔軟性です。

場所に縛られず、自宅やカフェ、さらには海外からでも仕事をすることが可能です。

また、フリーランスとして働く場合には、自分のライフスタイルに合わせて仕事を選ぶこともできます。

40代でライフスタイルの変化が見込まれる中で、このフレキシビリティは大きなメリットといえるでしょう。

メリット2.常に新しい知識を学べる

Webエンジニアは常に新しい技術や知識を学び続ける職業です。

新しいフレームワーク、新しいプログラミング言語、新しい開発手法など、日進月歩のWeb技術を追い続けることで、自身のスキルを維持・向上させることが可能です。

知識を深めることは人間の成長に直結し、40代の新たな挑戦として非常に意義深いです。

メリット3.自由にアイデアを形にできる

Webエンジニアのスキルを持つことで、自分のアイデアを自由に形にすることができます。

自身でアプリケーションを開発し、ビジネスにつなげることも可能です。

自分の頭の中にあるアイデアを形にし、世の中に送り出す達成感は、他の職業では味わえない特別な体験です

メリット4.高い報酬を得られる可能性

IT業界は成長産業であり、Webエンジニアとしての給与水準も一般的に高いとされています。

経験とスキルを積み上げることで、更なる報酬アップの可能性が広がります。

40代はライフイベントが増え、経済的な安定が求められる時期でもありますので、高い報酬を得られる可能性は大きなメリットとなります。

メリット5.需要が高く、安定したキャリアを築ける

Webエンジニアは、今後も更にその需要が増えると予測されています。

デジタル化が進む現代社会において、Webエンジニアのスキルは非常に価値があり、安定したキャリアを築くことが可能です

また、40代という年齢であっても、経験と知識をしっかりと積み上げることで、若い世代と同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮することができます。

これは一般的なビジネスフィールドにおける年齢によるキャリアの天井とは違い、技術力を武器に活躍の場を広げることができます。

これらのメリットは、40代からのWebエンジニア転職を考える際の大きなポイントとなるでしょう。

40代からWebエンジニアになるためのスキルマップ

Webエンジニアに必要なスキルを身につけるためには、以下のステップが必要です。

Webエンジニアになるためのスキルマップ
  • Webエンジニアに必要なスキルを確認する
  • Web開発の学習準備をする
  • 学習環境を構築する
  • プログラミングの基本を学ぶ
  • フレームワークのスキルを学ぶ
  • 簡単なWebアプリを作る

それぞれのステップを詳しく見ていきましょう。

ステップ1.Webエンジニアに必要なスキルを確認しよう

Webエンジニアに必要なスキルは、一般的なパソコンの知識、フロントエンド(HTML/CSS、JavaScript)、サーバーサイド(Ruby/Java/PHP/Pythonのいずれか)、開発を効率化するためのフレームワークがあります。

一般的なパソコンの知識とは、基本的なPC操作やインターネットの利用方法、ファイルシステムやネットワークの基本的な理解を含みます。

フロントエンドのスキルは、Webサイトの見た目や動きを作り出すための技術で、HTML/CSSはWebページの構造とスタイルを定義し、JavaScriptはWebページに動的な機能を追加するために使用します。

サーバーサイドのスキルでは、データベースとのやり取りやサーバー上でのプログラムの実行などを担当し、Ruby/Java/PHP/Pythonなどのプログラミング言語が一般的に使用されます。

また、開発を効率化するためのフレームワークとしては、Ruby on Rails、Spring Boot、Laravel、Djangoなどがあります。

それぞれのスキルをまとめると以下の表のようになります。

スキル内容
一般的なパソコンの知識・基本的なPC操作
・インターネットの利用方法
・ファイルシステムやネットワークの基本理解
フロントエンド
(HTML/CSS、JavaScript)
Webサイトの見た目と動きを作り出すスキル
サーバーサイド
(Ruby/Java/PHP/Python)
データベースとのやり取り、
サーバー上でのプログラムの実行
フレームワーク
(Ruby on Rails、Spring、Laravel、Djangoなど)
開発を効率化するツール

ステップ2.Web開発の学習準備をしよう

Web開発を学ぶためには、書籍を購入したり、オンラインの学習サイトで学んだり、プログラミングスクールに通ったり、サブスクリプションサービスを利用したりと、さまざまな方法があります。

それぞれの方法のメリットとデメリットを以下の表にまとめました。

学習方法メリットデメリット
書籍基本的な知識が網羅されている
場所を選ばず学べる
一度購入すれば何度でも読み返せる
最新の情報に対応していない場合がある
質問や相談が難しい
オンライン学習サイト最新の情報にすぐに対応
場所を選ばず学べる
自分のペースで学べる
内容によっては有料のものもある
自己管理が必要
プログラミングスクール質問や相談がしやすい
実践的な経験を積める
就職や転職のサポートがある
費用が高め、時間や場所の制約がある
サブスクリプションサービス多岐にわたる内容を手軽に学べる
最新の情報に対応
毎月の支払いが必要、自己管理が必要

ステップ3.学習環境を構築しよう

Web開発の学習環境を構築するためには、以下の準備が必要となります。

パソコン

WindowsかMacが主流です。

Linuxも使えますが、初学者には難易度が高いかもしれません。パソコンのスペックは、Web開発にはそれほど高いスペックは必要としませんが、快適に学習するためには最低でも中程度のスペックは望ましいです。

ブラウザ

Webアプリケーションの動作を確認するために必要です。主にはGoogle ChromeやFirefoxが推奨されます。

テキストエディタ

プログラムコードを書くためのソフトウェアです。Visual Studio CodeやSublime Textなどがあります。

開発ツール

HTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンド開発のためのツールと、サーバーサイド開発のためのツールが必要です。

Node.jsやPython、Rubyなどのランタイムと、それらを管理するためのパッケージマネージャ(npmやpipなど)をインストールします。

ローカルサーバー

Webアプリケーションの動作を確認するためには、ローカルマシン上でWebサーバーを立ち上げることが必要です。ApacheやNginxといったWebサーバーソフトウェアをインストールします。

データベース

サーバーサイド開発にはデータベースが必要です。MySQLやPostgreSQLなどをインストールします。

バージョン管理システム

ソースコードの変更履歴を管理するためのツールです。GitHubが一般的です。

以上のツールをインストールし、設定することで、Web開発の学習環境が整います。インストールや設定については、それぞれの公式ドキュメントや書籍を参照しながら進めてください。

ステップ4.プログラミングの基本を学ぼう

次にプログラミングの基本を学ぶことになります。

ここでいう基本とは、フロントエンド(HTML/CSS、JavaScript)とサーバーサイド(Ruby/Java/PHP/Pythonのいずれか)の言語の動かし方や基本的な文法です。

フロントエンドはWebページの見た目をつくる役割を果たしています。HTMLで構造を作り、CSSで見た目を整え、JavaScriptで動的な要素を追加します。これらの言語はWeb開発の基礎であり、Webエンジニアにとって必須の知識です。

サーバーサイドは、Webページのデータの処理や操作、データベースの管理などを行う役割を果たしています。

サーバーサイドの言語にはRuby、Java、PHP、Pythonなどがあります。これらの言語を学ぶことで、ユーザーからの要求に対するレスポンスを生成したり、データベースを操作したりする能力を身につけることができます。

このステップで学ぶことは、プログラミング言語の基本的な構造(変数、条件分岐、ループなど)、データ型、関数、オブジェクト指向など、プログラミング全般に共通する知識や技術です。

これらを理解し、コードを書くことができれば次のステップに進むことができます。

ステップ5.フレームワークのスキルを学ぼう

プログラミングの基本を理解したら、次はフレームワークを学びましょう。

フレームワークは、プログラミングをより効率的に行うためのツールです

あらかじめ設計された構造(フレーム)を使って開発を進めることで、より早く、より安全に、より効率的にアプリケーションを開発することができます。

具体的には、RubyならRuby on Rails、PHPならLaravel、JavaならSpring、PythonならDjangoなどがあります。これらのフレームワークを学ぶことで、具体的なWebアプリケーションの開発に取り組むことが可能になります。

フレームワークは言語ごとに特性や設計思想が異なりますので、自分が主に使っている言語のフレームワークを選びましょう。

そして、公式ドキュメントや教材を使って学んでいくことが重要です。

ステップ6.簡単なWebアプリを作ろう

最後に、学んだ知識を使って簡単なWebアプリを自分で作ってみましょう。

このステップは学習の総まとめとして非常に重要です。

なぜなら、自分で一からアプリを作ることで、学んだことの理解を深め、実際の開発に対する自信をつけることができるからです

具体的には、ブログサイトやTodoリストなどのシンプルなWebアプリを作ってみると良いでしょう。

その際、HTML/CSS/JavaScriptでのフロントエンドの実装、Ruby/Java/PHP/Pythonでのサーバーサイドの実装、データベースの操作、そして選んだフレームワークを使用した開発を行ってみてください。

Webエンジニアの需要と将来性

Webエンジニアとして活動するためには、市場での需要と将来性を理解することが重要です。

Webエンジニアの需要

現代の社会では、Web技術はビジネスやコミュニケーションに欠かせないものとなっており、それを支えるWebエンジニアの需要は高まっています。

大手転職サイトのデータを見ても、Webエンジニアの求人数は増加傾向にあります。

例えば、以下のようなデータがあります。

転職サービス求人数
doda8,607件
求人ボックス339,809件
2023年のWebエンジニアの求人数

このように、Webエンジニアとしての需要は高まっており、これからもこの傾向は続くと予想されます。

Webエンジニアの将来性

ここでは、Webエンジニアの将来性について考えてみましょう。

技術の進歩と社会の変化を見ると、Webエンジニアという職業の将来性は非常に明るいと言えます。

まず、Web技術は進化を続けており、新しいフレームワークやライブラリが次々と登場しています。それらを学び続けることで、常に最先端の技術を使って開発に取り組むことが可能です

また、デジタル化が進む現代社会において、Webサービスはますます重要性を増しています。

これまでオフラインで行われていた多くの業務やサービスが、オンラインに移行しています。それらの開発にはWebエンジニアが必要不可欠です

さらに、リモートワークの普及により、場所を問わずに働くことが可能になりました。これにより、自分のライフスタイルに合わせた働き方が選べるようになりました。

以上の理由から、Webエンジニアはこれからも活躍の場が広がる職業であり、その将来性は非常に高いと言えます。

40代未経験からWebエンジニアへ転職/独立するには?

あなたが40代で、これまでWebエンジニアの経験がなくても、転職や独立を目指すことは十分可能です。ここではそのための方法を紹介します。

まずは副業で実績を積もう

最初のステップとして、副業を通じて実績を積むことをおすすめします。

副業をすることで、自分のスキルを試すとともに、実際のプロジェクトで働く経験を得ることができます

特に、クラウドソーシングサービスは小規模な案件から始められるため、初心者でも取り組みやすいです。

具体的な成果物を作り上げることができれば、それを転職活動の武器にすることも可能です。

この段階では大きな報酬を目指すのではなく、自分のスキルを試し、経験を積むことを重視しましょう。

代表的なクラウドソーシングサービスは以下のとおりです。

 サービス名概要
クラウドワークス日本最大級のオンラインお仕事マッチングサイト
仕事の種類は200種類以上
ランサーズエンジニア・デザイナー・ライター向け案件を中心に
常時1000件の仕事が登録されている

転職/独立の準備をしよう

副業を通じて一定の実績を積むことができれば、次に転職や独立の準備を始めましょう。

まず、職務経歴書や履歴書を作成しておきます

これまでの経歴だけでなく、副業での活動や作成した成果物、学んだスキルなどを詳細に記載します。これがあなたのスキルをアピールする重要なツールとなります。

次に、転職先を考えます。大手のシステムインテグレータ(SIer)、ベンチャー企業、フリーランスとして独立するなど、さまざまな選択肢があります。

自分のスキルや目指すキャリア、ライフスタイルに合った選択をすることが重要です

そして、転職サイトやエージェントを利用します。以下にいくつかのおすすめのサイトを紹介します。

サービス名概要
doda大手転職サービス。求人数が豊富
求人ボックス主な転職サービスの求人をまとめて検索できる
大手の転職サービス
サービス名概要
レバテックフリーランス案件への参画前から参画後まで、
ご提案やキャリアに関するご相談などのサポートを提供
フューチャリズム初めてのフリーランスの方も多く利用している
高額案件が多く、細やかな希望にも対応
フリーランス向けエージェントサービス

これらのサイトやサービスを活用することで、求人情報を見つけたり、自分のスキルに合った仕事を見つける手助けを得ることができます。

まとめ

この記事では、40代からWebエンジニアとして転職/独立したい方に向けて、具体的な方法を詳しく解説しました。

Webエンジニアとしてのスキルを身につけ、実際のプロジェクトで経験を積み、転職や独立を目指す。それは決して易しい道のりではありませんが、その先には新たなキャリアと可能性が広がっています。