Webライター

Webライターとして月50万円稼ぐ!5つのステップを詳しく解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • Webライターとして働いてみたい!
  • Webライターとして月収50万円稼ぐことは可能なの?
  • 実際に月収50万円稼ぐためにはどうすればいいの?

こんにちは!エンジニア出身のフリーランスのWebライター/ディレクターのなおりんです。

私はフリーランスのWebライターになってから、半年で月収50万円以上達成しました。今回は稼ぐために必要なノウハウを厳選して紹介します。

この記事では、Webライターとして月収50万円稼ぐためのステップについて解説します。

Webライターは稼げない……。

ってよく聞きますよね。

でも働き方次第では、Webライターとして大きく稼ぐことも十分可能です。

Webライター歴7年目の私が、実際に月収50万円稼ぐために必要なことを解説していきます。

この記事の信頼性

  • 文字単価0.5円から副業Webライターとしてキャリアをスタート
  • その後独立してWebライターの仕事のみで3ヶ月で月収45万達成
  • 現在はフリーランスのWebライター/ディレクター/エンジニア/として活動中
  • Webライター関連の電子書籍を随時執筆中

Webライターとして月50万稼ぐため5つのステップ

Webライターとして月収50万円稼ぐ方法

Webライターとして月収50万稼ぐための方法は次の通り。

Webライターとして50万円稼ぐステップ
  1. ライティングスピードを上げる
  2. 実績を積み上げる
  3. 単価の高い案件を受ける
  4. 継続案件を掛け持ちする
  5. 単価交渉をする

ステップ1:ライティングスピードを上げる

Webライターはスピード命です。

遅れれば遅れる分、収入に影響します。

そのため、ライティングのスピードはぜひ上げましょう。

ライティングスピードを上げるためのコツは、

  • いきなり書かない
  • キャパオーバー気味に案件を受ける
  • カレンダーに予定を詰め込む

とくに重要なのが「いきなり書き始めない」ということ。

いきなり書くと、すぐにネタ切れになり手が止まることになるからです。

自分が得意ではない分野ならなおさらです。

まずは書くための材料を集めることが大切です。

私が実施している方法は、

書くための材料をまずは箇条書きで一気に書き出すこと

これ以上ないくらい材料を出し切ったら、箇条書きの内容を元に文章を成形していきます。

なので、まずは焦らず時間を取って材料集めはしっかりとやりましょう。

ステップ2:実績を積み上げる

駆け出しWebライターの場合、いきなり高単価の案件を請け負うことは難しいです。

なので、実績を積むために低単価の仕事を受けることも必要です。

大切なのは、量をこなし、スキルを磨くこと

この経験が、あなたのライティンスキルの上達に直結します。

そして、書いた記事は宝物。これをポートフォリオに加え、自身の成長として示しましょう。

積み上げた実績は、信頼への第一歩。

次第に、高単価の案件を引き寄せる力になります。

仕事の質を上げつつ、数をこなすこと

それが、プロフェッショナルへの近道です。

ステップ3:単価の高い案件を受ける

Webライターの案件は、単価がピンきりです。

すぐに調べて書けるような内容は、文字単価1円以下の激安価格です。

しかし、中には文字単価が10円以上の案件もあります。

文字単価換算10円の案件なら、2,000文字書けば記事単価は20,000円です。

つまり2記事分執筆すれば、40,000円になりますね。

毎日40,000円も稼ぐことができれば、月収50万円はすぐに達成します

Webライターとして月収50万円稼ぐためには、単価の高い案件を獲得することは絶対条件です。

ちなみに、そのときの体験談やノウハウは下記noteで詳しく解説しています。

note > Webライターとして爆速で稼ぐためのたった1つの方法

ステップ4:継続案件を掛け持ちする

単発の案件ばかり受けていては、次の案件探しで余計なリソースを取られます。

安定して高収入を得るためには、継続案件を掛け持ちしましょう

継続案件を2〜3社掛け持ちすれば、Webライターとしてより多くの収入を稼げます

もちろん月収50万円も不可能ではありません。

なお、継続案件を探すにはクラウドソーシングサービスはおすすめできません。

クラウドソーシングサービスは、サービス内で仕事が完結できるので便利ですが、その分システム利用料が20%掛かります。

つまり、高単価の案件ほど多くの手数料が取られることなります。

なので、Webライターの継続案件は他の求人媒体か、オウンドメディアを運営している企業に直接営業してみましょう

ノウハウや応募方法については、昨年出版したKindle本でも詳しく解説しています。

ステップ5:単価交渉をする

収入を増やすには、単価アップが不可欠です。

しかし、交渉は慎重に。

まずは、市場価格を把握しておきましょう。

そして、自分のスキルを正当に評価しましょう。

あなたの提供価値が、単価上昇の鍵を握ります

交渉は、対等な立場で行いましょう。クライアントのニーズを理解し、解決できることを明示するのです。

あなたの価値を知り、自信を持って話すこと。これが、成功への道です。

Webライターとして月50万稼ぎ続けることができる3つの理由

Webライターとして月収50万円を継続して稼ぐことができる理由は次のとおり。

  • 高単価の案件がたくさんあるから
  • 本業なので時間はいくらでも捻出できるから
  • 実績を積めばスカウトされるから

それぞれ解説していきます。

理由1:高単価の案件がたくさんあるから

Webライターの案件数は年々増加しています。

これは、

  • Web媒体で集客する企業が増えてきていること、
  • ライティングが必要な媒体が増えてきていること、

が挙げられます。

Webライターの仕事は実際に数多くの案件があります。

Webライターの仕事はクラウドソーシング以外にも、さまざまな求人媒体で募集されています。

もちろん高単価の案件もたくさんあります。

とくに専門性を要するコンテンツや、ゴーストライター、台本執筆などの案件は高単価です。

つまり、上記のような案件を受けれるようになれば収入はアップします。

理由2:本業なので時間はいくらでも捻出できるから

本業でWebライターの仕事をするなら、リソースはほぼライティング業務に費やすことも可能です。

フリーランスは事務仕事が面倒…。

と聞きますが税務関係なら会計ソフトで半自動化できます。

本業に専念するために、事務仕事は外注するといった手段もあります。

支出はその分かさみますが、必要経費として計上できます

浮いた時間でそれ以上の金額を稼げばいいだけです。

たくさん稼ぎたいなら、たくさん働けばいいのです

当然ですが働けば働いた分、収入は増えます。

寝る間も惜しんで働けば、会社員以上の収入を得ることは可能です。

理由3:実績を積めばスカウトされるから

Webライターは基本的に実績を積めば、信頼度が上がりスカウトされることもあります。

クラウドワークスならプロクラウドワーカー、ランサーズなら認定ランサーになれば、条件のよい仕事をスカウトされることも。

ブログやSNSで情報を発信すれば、企業からスカウトされることもよくあります。

また、個人と企業をつなぐマッチングサービスも年々増えてきているので、利用するのもありです。

月収50万円を稼ぎ続けるために必要なこと

月収50万円稼ぐために必要なこと

Webライターとして50万円を稼ぎ続けるためには、ただ闇雲に働き続けるだけではいつか限界がきます。

そのために、

必ず目標と戦略を考えておきましょう

月収50万円を目指すなら、そのためにどんな行動を取るべきか?

戦略をDoレベルに落とし込んで考えてみることです。

たとえば、

  • 気になる企業に◯件応募する
  • 文字単価◯円以上の案件を◯件提案する
  • ライティングに関する本を◯冊読んで実践する

などを、期限付きで設定します。

そして、「できたことと」「できなかったこと」を振り返って検証、改善していくことが大切です

毎週、隔週にでも30分間時間をとって、順調に進めているか必ず振り返りましょう。

まとめ

この記事ではWebライターとして月収50万円稼ぐための方法、稼ぎ続けることが可能な理由について解説しました。

よくWebライターは稼げない…。というのを聞きますが、やり方次第では大きく稼ぐことも十分可能です

Webライターしてたくさんの収入を得たい!と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。