Webライター

【歴8年】Webライターに必要な7つのスキルを初心者向けに徹底解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Webライターとして働くために必要なスキルって何?

Webライターとしてスキルアップするには何をすべきなのかわからない……

Webライターとして働くためにはどんなスキルを学ぶべきか、どのスキルをどう磨くべきか悩んでいませんか?

この記事は、ライター歴8年目の私が初心者にもわかりやすくWebライターのスキルセットを解説します。

一歩先を行くライターとしてのキャリアを築くヒントが詰まっていますので、ぜひ参考にしてください。

特に以下のような方におすすめです。

  • Webライターとしてのスキルアップを目指している方
  • Webライターとして働きたい方
  • 実践的なライティングスキルを磨きたい方

Webライターが持つべき7つのスキル

Webライターとして成功するためには、以下の5つのスキルが不可欠です。

Webライターとして必要なスキル
  • Webライティングの基礎
  • コンテンツ作成の基礎
  • SEOの理解
  • ターゲット読者への理解
  • デザイン・レイアウトの知識
  • マーケティングの基本
  • 編集・校正のスキル

スキル1.Webライティングの基礎

Web上での文章は、紙媒体とは異なる読み手の行動特性を持っています。

我々はオンラインでの情報を瞬時に判断し、関心がなければ次へと移動してしまいます。そのため、Webライティングでは、短くても読者の興味を引きつけ、そして最後まで読んでいただく力が求められます。

このスキルは、情報の整理能力や、エッセンスを簡潔に伝える技術を磨くことで身につけることができます。

  • オンライン上での瞬時の情報判断に対応するライティング技術
  • 読者の興味を即座に引きつける文章構成
  • 情報のエッセンスを簡潔に伝える能力

スキル2.コンテンツ作成の基礎

コンテンツは、Webライターの「商品」とも言える存在です。ただし、単に情報を伝えるだけでは不十分です。読者が求める情報を的確に、かつ魅力的に伝えることが大切です。

特に、価値のある情報を提供することで、読者の信頼を得ることが可能になります。実際の体験や独自の視点を取り入れることで、他のライターとの差別化も図ることができます。

  • 読者が求める情報を的確に提供できる
  • 価値のある情報の提示できる
  • 独自の視点や体験を取り入れたコンテンツ作成

スキル3.SEOに対する理解

検索エンジンは、今日の情報収集の主要な手段となっています。

そのため、SEO、つまり検索エンジン最適化の知識は欠かせません。文章を書く際に、キーワードの選定や、それを自然に取り入れる技術は、多くの読者に自身の記事を読んでもらうための鍵となります。

また、内部リンクや外部リンクの戦略も、検索順位向上のための重要な要素となります。

  • 適切なキーワードの選定と自然な取り入れ技術
  • 内部リンクや外部リンクの戦略
  • 検索順位向上のためのテクニック

スキル4.ターゲット読者へのアプローチ方法

すべての読者に対して同じアプローチをしても、必ずしも効果的ではありません。それぞれの読者には、異なる背景やニーズ、興味があります。

そのため、ターゲットとなる読者を明確にし、彼らの求める情報や興味を理解することが重要です。これにより、より深く読者の心に響く記事を書くことが可能になります。

  • ターゲット読者の明確な特定
  • その読者のニーズや興味の深い掘り下げ
  • 心に響く内容の提供

スキル5.デザイン・レイアウトの知識

デザイン・レイアウトは一見Webライターのスキルと関係がないと思われがちです。しかし、文字だけでなく、その配置やデザインも、読者の読みやすさや理解度に大きく影響します。

特に、適切な画像や図表の選び方、文字の配置や大きさなど、デザインの基本的な知識はWebライティングにおいて非常に役立ちます。視覚的な要素を適切に取り入れることで、情報の伝わりやすさや記事の魅力を一段と高めることができます。

  • 記事の視覚的魅力を高めるデザインセンス
  • 画像や図表の適切な選び方
  • 文字の配置や大きさの調整技術

スキル6.マーケティングの基本

Webライターにとって、マーケティング知識は文章を書く際に、どのようにターゲット市場にアプローチし、読者の行動を促すかを理解する上で欠かせません

たとえば、顧客の購買行動、ブランドポジショニング、コンテンツを通じた価値提案の伝達方法などです。

また、コンテンツの配信戦略やキャンペーン管理、そしてどのようにしてコンテンツがリード獲得や販売促進に貢献するかなど、マーケティングファネル全体にわたる内容を扱います。

  • ターゲット市場の理解とアプローチ方法
  • ブランドポジショニングの重要性
  • 価値提案の効果的なコミュニケーション
  • 配信戦略とコンテンツマーケティング
  • マーケティングファネルとコンテンツの役割

スキル7.編集・校正のスキル

優れたWebコンテンツは、ただ正確であるだけではなく、読者にとって理解しやすく魅力的でなければなりません。

具体的な編集技術には、一貫したトーンとスタイルの保持、論理的な流れと明瞭性の向上、さらには文脈に応じた言葉の選択などが含まれます

校正では、文法的な正確さや句読点の使用、誤字脱字の除去といった、文章の品質を保証するための細部にまで目を配る方法を解説します。

読者がスムーズに情報を得られるようにするための、具体的な編集・校正のプロセスとテクニックを紹介し、実例を交えて説明します。

  • トーンとスタイルの一貫性
  • 論理的な流れの構築
  • 明瞭性と読みやすさの強化
  • 正確な文法と句読点の使用
  • 誤字脱字の校正と除去

Webライターの実践的スキル5つの向上法

Webライターとしてスキルを向上する方法は次のとおりです。

ライティングスキルを向上するには
  • 常の習慣としてのライティング
  • 有名なWebライターの研究
  • Webライティング本の活用
  • フィードバックを活用したスキルアップ
  • SEOツールの活用方法

日常の習慣としてのライティング

実践がスキルアップの鍵とされるライティングにおいて、日常的に文章を書く習慣を持つことは非常に重要です。

毎日の執筆を通して、書くスピードや表現力が向上し、ジャンルを問わず様々なトピックにも対応できるようになります。

また、執筆後に自分の文章を振り返り、どの部分が伝わりにくかったか、どのようにすればもっと良い文章になるかを反省することで、日々の改善と成長が期待できます。

  • 毎日の執筆習慣の確立
  • 書くスピードの向上
  • 表現力の養成
  • 様々なトピックへの対応力強化
  • 執筆後の自己反省と改善
  • 時代のトレンドやニーズのキャッチアップ
  • 継続的なスキルアップのための挑戦

私のnoteのマガジンでもWebライターのスキルを体系的に解説しています。

>> 1から体系的に学べる!Webライターとして働くためのマガジン

有名なWebライターの研究

成功しているWebライターの記事やスタイルを分析することは、自身のスキル向上のためのショートカットとなります。

彼らの成功の秘訣や独自の書き方を学ぶことで、自分自身のライティングにも新しい要素やアイディアを取り入れることができます。

特に、継続的に人気のあるライターや、注目を浴びている新進のライターの記事を定期的にチェックすることで、時代のトレンドやニーズを掴むことができます。

Webライティング本の活用

数多くのWebライティングの専門書が出版されており、その中には非常に有益な情報やテクニックが満載されています。こ

れらの本から、ライティングの基礎だけでなく、最新のテクニックや成功事例を学ぶことができます。また、一冊の本だけでなく、複数の本を読むことで、さまざまな視点やアプローチ方法を知ることができ、より広い視野を持つことができます。

フィードバックを活用したスキルアップ

自分の文章は自分ではわかりにくい部分も多いため、第三者からのフィードバックは非常に貴重です。

読者や同僚からの直接のフィードバックや、SNSでの反応を基に、自分の記事の良い点や改善すべき点を見つけることができます。

このフィードバックを元に、具体的な改善策を実施することで、次第にライティングスキルが上がっていくでしょう。

SEOツールの活用方法

現代のWebライターにとって、ライティングスキルだけではなく、SEOの知識も必須です。

代表的なSEOツールを使いこなすことで、キーワードの選定や記事の構築方法など、より効果的なライティングが可能となります。

また、これらのツールを使用して、記事の効果を定期的に測定し、最適化することで、より多くの読者に自分の記事を届けることができます。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、ウェブサイトのトラフィックやユーザーの行動を分析するための無料のツールです。このツールを使用することで、サイトのパフォーマンスを詳しく把握し、最適化の方向性を定めることが可能となります。

主な機能としては、訪問者のデモグラフィック情報の取得、どのページが最も訪問されているか、どのページから離脱しているか、どのキーワードで訪問があったかなどのデータを取得できます。また、設定した目標(例:購入、問い合わせフォームの送信など)に対するコンバージョン率も計測することができます。

サーチコンソール

Googleサーチコンソールは、ウェブサイトがGoogle検索結果にどのように表示されるかを監視、保守するための無料のツールです。サイトの検索パフォーマンスのデータや、サイトへのクロールのエラーなどの技術的な問題を特定するのに役立ちます。

主な機能としては、どのキーワードでの検索によりサイトが表示されているか、それに対するクリック数や表示回数、クリックスルーレート(CTR)などのデータが確認できます。また、XMLサイトマップの提出や、モバイル ユーザビリティの問題、セキュリティ問題の警告など、サイトの健全性に関する情報も取得できます。

日本のWebライター市場と求められるスキル

日本のWebライター市場の現状

日本のWebライター市場は、拡大の一途をたどっています

国内のインターネット利用者数が増加する中、情報をオンラインで取得する人々の需要が高まっており、それに応える形で多岐にわたるコンテンツが必要とされています。企業のオンラインマーケティング活動の増加に伴い、質の高いコンテンツを供給するWebライターの需要も高まっているのです。

特に、日本独自の文化や習慣を反映したローカルコンテンツが求められている点が特徴的です。

  • 市場は拡大中
  • オンライン情報需要の増加
  • 企業のオンラインマーケティング活動増
  • ローカルコンテンツの需要増

日本特有の読者ニーズ

日本の読者は、他国と比べても独特の価値観や興味を持っています

たとえば、季節感を重んじる文化のため、季節に合わせたトピックや情報が求められることが多いです。また、和風や伝統、地域性を感じさせるコンテンツに強い関心が寄せられています。Webライターとしては、これらのニーズをしっかりと把握し、読者の興味を引くコンテンツを提供する必要があります。

  • 独特の価値観や興味
  • 季節に合わせたトピックの需要
  • 和風、伝統、地域性への関心

日本国内の成功事例に学ぶ

日本のWebライター市場での成功事例を見ると、読者の興味や関心を深く掴んだコンテンツが多いことがわかります。

具体的には、ライフスタイルや趣味、地域情報を中心に、読者の日常や興味をリアルに反映した記事が好評を得ています。これらの成功事例から学べることは、ターゲットとする読者層のリアルな興味や関心を知り、それを反映したコンテンツ作成の重要性です。

現地のトレンドを取り入れる方法

日本のWebライターとして活躍するためには、現地のトレンドや話題を迅速にキャッチすることが不可欠です。

特に、SNSやブログ、ニュースサイトなどで話題となっているテーマやキーワードを常にチェックし、それをもとに新鮮なコンテンツを作成することが求められます。また、日本の伝統や文化、季節感など、国内特有のトピックも忘れずに取り入れ、独自性を持ったコンテンツ作成を心掛けることが大切です。

  • 現地の話題やトレンドの迅速なキャッチ
  • SNSやブログ、ニュースサイトのチェック
  • 日本の伝統や文化、季節感を取り入れたコンテンツ作成

一歩上行くWebライターになるためには

他と差別化するためのライティングテクニック

差別化は、多数存在するWebライターの中で目立ち、読者に選ばれるための重要な要素です。テクニックの一つとして、自らの経験や視点を取り入れたオリジナルのコンテンツを提供することが挙げられます。

また、同じテーマについても、独自の角度からアプローチすることで、新鮮さや深みを持たせることができます。

読者がどんな情報を求めているか、そしてどういう角度からの情報が少ないかをしっかりリサーチし、そのギャップを埋めることで、自らの記事に価値をもたせることが可能となります。

  • 独自の経験や視点を取り入れる
  • 同じテーマでも独特の角度からアプローチ
  • 読者が求める情報のギャップを埋める

オリジナリティの追求方法

Webライティングの世界では、オリジナリティは非常に重要です。

多くの情報が氾濫する中、同じ内容の記事は数多く存在します。そこで、自分自身の生の経験や考え、感じたことを元にした文章を書くことで、他のライターとは一線を画すことができます。

また、普段から様々なジャンルの本を読んだり、映画を見るなどして、知識や視野を広げることで、他者とは異なる視点や情報を記事に取り入れることができます。

  • 生の経験や感じたことを文章にする
  • 様々なジャンルの知識や視野を広げる
  • 他者とは異なる視点や情報を取り入れる

ニッチな分野での専門化

特定のニッチな分野に特化することで、その領域でのエキスパートとしての地位を築くことができます。

一般的なテーマよりも狭い範囲で深く掘り下げて情報を提供することで、特定の読者層からの高い信頼を得ることができるのです。

例えば、特定の地域や趣味、専門的な技術に関する知識など、他の一般的なWebライターとは差別化できる領域を見つけ、その領域で深い知識と情報を持つことが重要です。

  • 特定の領域でのエキスパートになる
  • 狭い範囲で深く情報を提供
  • 特定の読者層からの高い信頼を獲得

まとめ

Webライターとしてのスキルアップは絶えず必要です。特に、Webライティングの基礎、コンテンツ作成、SEOの理解は欠かせません。

また、日本のWebライター市場の動向を理解し、そこに合わせたスキルセットを身につけることで、より多くの読者に価値を提供できるライターになれるでしょう。常に最新の情報やトレンドにアンテナを張り、日々のスキルアップを心掛けることが大切です。