趣味

【40代からの小説執筆】メリットや書き方のコツを解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
40代の男性

40代から小説を執筆するのはあり?

40代の女性

小説の書き方とか出版方法がいまいちよくわからない…

今回は、40代から小説を執筆するメリットについてご紹介します。もしあなたが40代で小説を書くことに興味がある人なら、ぜひ参考にしてください。

この記事を読むことで、小説を執筆することのメリットや始め方について知ることができます。

40代で小説を執筆することのメリット3つ

40代で小説を書くことのメリットはいくつかあります。

  • これまでの人生経験を活かせる
  • 書くことは生きがいになる
  • 小説を書くことは癒しになる

それぞれ見ていきましょう。

メリット1:これまでの人生経験を活かせる

40代で小説を書くと、これまでの人生経験を活かせる理由はいくつかあります。

ひとつは、20代の頃よりも40代の方が人生経験が豊富であること。自分自身や周りの世界について多くのことを学んできたので、その知識を活かしてより豊かで質感のある物語を作ることができます。

また、40代で小説を書くことは、これまでの自分の人生を振り返る良い機会にもなります

  • 何を成し遂げたか?
  • 失敗から何を学んだか?
  • 将来への希望や不安は?

これらはすべて、小説の豊富な材料となり、より個人的で意味のある物語を作るのに役立ちます。

40代で小説を書くことは、自分の知恵を他の人と共有する機会にもなります。20代のころは答えが見つからなかったかもしれませんが、今は考える時間があるのです。

小説を書くことで、自分が学んだことを他の人と共有し、その人の旅の手助けになればいいのです。

メリット2:書くことは生きがいになる

40代で小説を書くことが生きがいになる理由として、自分の創造力のはけ口となるからです。小説を書くことは、自分を表現し、自分の考えを発信する素晴らしい方法となります

40代で小説を書くことが生きがいになるもう一つの理由は、人とのつながりができることです。小説を書くことで、他の作家や読者とつながることができますし、自分自身の感情や体験とつながることもできます。

また、小説を書くことは、自分自身や自分の周りの世界についてより深く知るための素晴らしい方法となりえます。小説を書くことで、新しいアイデアや視点を探求し、自分自身の価値観や信念をより深く知ることができます

40代で小説を書くことは、自分自身、他人、そして周りの世界とつながることができ、最終的に生きがいを感じることができるのです。また、自分が何者で、何を信じているのか、より深く知ることができるのです。

もしあなたが人生の目的を探しているなら、小説を書くことは素晴らしいスタート地点になるでしょう。

メリット3:小説を書くことは癒しになる

書くことはセルフケアのひとつでもあります。

自分自身の人生経験を理解するための方法となります。自分の考えや気持ちを小説にすることで、自分の置かれた立場をより深く理解することができます

また、自分の人生と似たような問題に直面している登場人物について書くことも効果的です。架空の人物が困難を乗り越え成長していく姿を見ることで、自分自身の旅に希望とインスピレーションを得ることができるのです。

さらに、書くことはカタルシスの一形態であり、困難な感情を処理し、安全かつ建設的な方法でそれを解放することができます。

自分の作品を他の人と共有することは、パワフルな体験になります。自分のストーリーに共感してくれる読者とつながることで、コミュニティーの感覚が生まれ、苦悩の中で孤独でなくなったと感じることができます。

その結果、自信と自己価値の強化につながるのです。

40代から小説を書き始めるための4つのコツ

40代で小説を書きたいと思った場合、いくつか押さえておきたいコツがあります。

小説を書くのに年齢は関係ありません。実際多くの成功した作家は、40代、あるいはそれ以上の年齢になってから書き始めています。

40代から小説を書くためのコツは以下のとおり。

  • 整理整頓する
  • 計画を立てる
  • 集中できる環境で執筆する
  • 1日の目標語数を決める

小説を書き始める前に、整理しておくことが大切です。小説の内容と、それを書くための目標を明確にしましょう。

そして、計画的に始めることが大切です。どんな小説を書きたいかを決め、プロットのアウトラインを作りましょう。そうすることで、気が重くなるのを防ぎ、軌道に乗せることができます。

次に、誰にも邪魔されない静かな場所で執筆することです。そうすることで、集中力を維持し、フロー状態に入ることができます。

静かな場所を確保するのが難しい場合は、ノイズキャンセリング付きのイヤホンがおすすめです。

書き始める準備ができたら、1日の目標語数を決めて、それを守りましょう。1日に数百語しか書かなくても、驚くほど早く小説ができあがります。

小説を公開するためのおすすめの方法

執筆したら、どの媒体で公開するか決めておきましょう。

小説を書くことに興味がある場合、出版する方法はいくつかあります。

主な方法は以下のとおりです。

  • 自費出版
  • noteで公開
  • Kindleで出版する
  • 新人賞に応募する

手軽に執筆した小説を公開したいならnoteがおすすめです。noteなら有料で小説を販売できますし、連載形式で書くことも可能です。

また、noteなら同じように小説を公開しているユーザーも多いため、参考にしてみたり、コメント機能を使って交流することも可能です。

腕に自信があるならKindleで出版する方法もあります。Kindleなら電子書籍やペーパーバックでの出版できます。

Kindleで出版する場合は、Kindle ダイレクト・パブリッシングで、電子データや表紙、タイトルなどを登録するだけです。

私も過去3冊出版していますが、毎月ロイヤリティが振り込まれています。

将来は専業として小説家を目指すなら、新人賞に応募するのもありですね。新人賞を募集については、以下サイトが参考になります。

公募新人賞一覧(締切順)−小説総合情報サイト さっかつ−

40代から小説を書くときの注意点3つ

40代から小説を執筆するときの注意点はいくつかあります。

  • いきなり専業にならない
  • 評価を気にしない
  • 諦めない
  • それぞれ解説していきます。

仕事を辞めていきなり専業にならないこと

40代でこれから小説を執筆しよう考えているなら、心に留めておいてほしいことがあります。

書くことで成功することは可能ですが、必ずしも簡単なことではありませんし、急ぐべきことではありません

仕事を辞めてフルタイムで執筆するのが得策でない理由はいくつかあります。ひとつは、小説家として生計を立てるのは、特に始めたばかりの場合、非常に難しいということです。

たとえ何年も書いていたとしても、文章だけで生計を立てられる保証はないのです。実際にベテランの作家でも収入が不安定なため、本業を別に持ちながら小説を執筆している人もいます。

そのため、仕事や投資など、他の収入源から安定した収入を得ることが大切です。

仕事を辞めてまで書くべきでないもうひとつの理由は、それが非常に孤立したものになりうるということです。

あなたがオフィスや他の社会的な環境に慣れているとき、すべての時間を一人で作業することに孤立感を感じる可能性があります。孤立感は、孤独感や憂鬱感をもたらし、その結果、執筆に集中することが難しくなる可能性があります。

ですから、いきなり専業の小説家になるのはおすすめできません。働きながら、副業や趣味感覚から始めるべきです。

評価を気にしないこと

40代で小説を書くときの注意点としては、他人の評価を気にしないことです。ただ、その過程を楽しみ、心を込めて作品を作ることに集中することです。

最初は小説家として売れるかどうかは気にしないでください。書くことを楽しみ、結果がどうであろうと構わない気持ちで望めば、より良い小説を書けるようになるのではないでしょうか

諦めないこと

40代で小説を書くときに忘れてはならないことは、決してあきらめないことです。

この年代には、何か特別なものを作るための経験や知恵があるのです。自分を過小評価することなく、目標に到達するまで続けることです。

無理だと思うこともあるかもしれませんが、それは恐怖心のせいです。自分の運命を握っているのは自分であり、どんな物語でも書くことができることを忘れないでください。だから、夢をあきらめずに頑張ろう。

小説を書くのは大変な仕事ですが、挑戦する価値はあります。40代のあなたには、何か特別なものを作るための人生経験があるのです。だから、あきらめないでください。

まとめ

ここでは、40代から小説を執筆したいと考えている人に向けて、以下の内容を紹介しました。

  • 40代で小説を執筆することのメリット
  • 40代から小説を書き始めるためのヒント
  • 40代から小説を書くときの注意点

もしあなたが思い切って小説を書こうと思っているのなら、待つ必要はないのです。今日から書き始めましょう!