趣味

40代からクラシック音楽を趣味にするべき理由とは?おすすめのクラシック音楽を紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は、40代でクラシック音楽を趣味にすることのメリットについてご紹介します。

40代になってから新しい趣味を持ちたいと考えている人なら、クラシック音楽は最適です。

この記事を読み終わる頃には、なぜクラシック音楽が趣味に最適なのかが分かります。さらにおすすめのクラシック音楽もご紹介します。

それでは、さっそく読んでみましょう。

40代からクラシック音楽を趣味にすべき3つの理由

40代でクラシック音楽を趣味にすることには、さまざまなメリットがあります。その中でも特に大きな理由は以下のとおりです。

  • ストレス解消になる
  • 記憶力を向上させることができる
  • 寝つきを良くすることができる

それぞれ解説していきます。

理由1.ストレス解消になる

ストレス解消に役立つ趣味を探しているなら、クラシック音楽がおすすめです。クラシック音楽を聴くことは、さまざまな理由でストレス解消に役立ちます。

まず、音楽は心拍数や呼吸を緩やかにし、リラクゼーションを促進するのに役立ちます。さらに、クラシック音楽はストレス要因から気をそらし、より前向きなことに集中できるようにするのに役立ちます

クラシック音楽は気分を高揚させ、幸福感を増大させます。

ストレスを感じている方は、ぜひクラシック曲を聴いてみてはいかがでしょうか。

理由2.記憶力を向上させることができる

クラシック音楽は記憶力の向上に役立ちます。クラシック音楽を聴くことで、記憶力や認知機能を向上させることができるという研究結果が出ています

ある研究では、クラシック音楽を聴く人は、音楽を聴かない人に比べて、短期記憶が優れていることがわかりました。別の研究では、クラシック音楽を聴く人は、音楽を聴かない人に比べて、言語記憶が優れていることがわかっています。

記憶力を向上させる方法を探している方は、クラシック音楽を聴いてみてはいかがでしょうか。

理由3.寝つきを良くすることができる

クラシック音楽は、人の睡眠をよくすることが証明されています。

ある研究によると、寝る前に45分間クラシック音楽を聴いた人は、音楽を聴かない人に比べて早く眠りにつき、ぐっすり眠れたそうです

クラシック音楽は、前述したようにリラックスしてストレスレベルを下げる効果もあります。クラシック音楽を聴いている人は、ストレスホルモンであるコルチゾールの値が低いという研究結果が出ています。

眠れないときは、寝る前にクラシック音楽を聴いてみて、自分に変化があるかどうか確かめてみましょう。

40代におすすめのクラシック音楽5選

40代の方で、おすすめのクラシック音楽をお探しの方に、おすすめの曲をご紹介します。

ベートーベン「交響曲第9番」

ベートーヴェンの交響曲第9番は、彼の最も有名で高く評価されている作品のひとつです。

多くの人が彼の最高傑作だと考えており、最も人気のある作品のひとつであることは間違いないでしょう。

交響曲第9番は、最終楽章にベートーヴェンの時代には非常に珍しかった合唱団が使われていることでも知られています。

また、非常に感情的で感動的な作品としても知られており、そのため映画やテレビなど、長年にわたってさまざまな形で使用されています。

バッハ「ミサ曲ロ短調」

バッハのロ短調ミサ曲は、何世紀にもわたって音楽愛好家を魅了してきた、複雑で美しい曲です。

1724年から1749年まで、バッハが生涯をかけて作曲した。西洋の聖楽の中で、最も有名で影響力のある作品です。

この作品は左右対称に構成されており、各セクションが他のセクションを映し出すようになっています。このため、作品に心地よいバランスと調和がもたらされています。

created by Rinker
Livenotes *cl*
¥3,646 (2024/05/12 23:22:50時点 Amazon調べ-詳細)

モーツァルト「交響曲第40番ト短調」

この作品は、悲劇的な雰囲気と同時に、憧れや希望が感じられることが特徴です。

第1楽章はソナタ形式で書かれており、不吉で暗い冒頭主題で始まります。これに続く第2主題はより叙情的で、第1主題と対照的なものとなっています。

第2楽章と第3楽章は明るい雰囲気で、第3楽章は特に陽気でありながら、第4楽章は第1楽章の悲劇的な雰囲気に戻り、沈鬱で情緒的な結末となります。

ブラームス「交響曲第1番ハ短調」

ブラームス交響曲第1番ハ短調は、クラシック音楽の中で最も人気があり、よく知られた曲の一つです。

この交響曲は1876年に作曲され、彼の第一次成熟期の一部となります。

この交響曲はソナタ形式で、ハ短調の第1楽章は、チェロとコントラバスが主要主題を紹介する緩やかなイントロ部で始まります。

その後、他のオーケストラが登場し、主題が展開されます。第2楽章はニ短調で、美しく抒情的なアダージョ、第3楽章はハ長調で、軽快で優雅なスケルツォです。第4楽章は、ハ短調で、速く、エキサイティングなフィナーレで幕を閉じます。

created by Rinker
¥1,430 (2024/05/12 23:22:52時点 Amazon調べ-詳細)

ハイドン「天地創造」

天地創造は、ヨーゼフ・ハイドンが1796年から1798年にかけて書いたオラトリオで、多くの人が彼の代表作とみなしています。

作品は3部構成で、ソプラノ、テノール、バスの各ソリスト、合唱、交響楽団のために採譜されています。

第1部では世界の創造から人類の誕生までを、第2部では人間の堕落とエデンの園からの追放を、第3部では人類のエデンへの凱旋を描き、最後に「成し遂げられたのは栄光の業」という合唱で締めくくられます。

created by Rinker
¥3,300 (2024/05/13 12:32:39時点 Amazon調べ-詳細)

クラシック音楽が好きになったらコンサートに行ってみよう

クラシック音楽を楽しむ最良の方法のひとつは、生演奏を見ることです。クラシック音楽の演奏を生で聴くことは、とても貴重な体験になります。

スピーカーで聴くのとは比べものにならないほど、生で聴くクラシック音楽は格別です

さらに、コンサートへの参加は、芸術を支援する素晴らしい方法でもあります。コンサートのチケットを購入することで、演奏家の資金源となり、未来の世代がクラシック音楽を楽しめるようになります。

大勢の人がいる中で、同じものを楽しむという感覚は、何にも代えがたいものです。さらに、コンサートに行くことは、他のクラシック音楽好きとの出会いや、新しい友人を作る良い方法です。

クラシック音楽の長年のファンであれ、これから始めようとする人であれ、コンサートに行くことは素晴らしいイベントとなります。

クラシックのコンサートは、市営の文化会館や公民館でも定期的に行われていますので、ぜひ調べてみましょう。

まとめ

この記事では、40代からクラシック音楽を趣味にしたい人に向けて、以下の内容を解説しました。

  • 40代からクラシック音楽を趣味にすべき理由
  • 40代におすすめのクラシック音楽
  • クラシック音楽が好きになったらコンサートに行ってみよう

40代で新しい趣味をお探しの方には、クラシック音楽がおすすめです。クラシック音楽には、ストレスの軽減、記憶力の向上、快眠効果など、多くの効果があります。

この機会にぜひ、クラシック音楽を趣味としてみましょう。

ABOUT ME
なおりん
フリーランス歴7年。Webディレクター/エンジニアとして活動中。40代を中心に働き方やメンタルヘルスについて発信するブログ運営者。より良いユーザー体験を提供することに情熱を持って取り組んでいます!