趣味

Netflixのおすすめ邦画12選!本当によかった傑作を厳選して紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事では、Netflixのラインナップから特におすすめの邦画を厳選し、映画好きの視点で紹介します

ここで紹介する邦画は多様で豊かなストーリーテリングと鮮やかな映像美に満ち溢れています。感動的なドラマからスリリングなサスペンスまで、様々なジャンルの映画があなたを待っています。

それぞれの作品が持つ独自の魅力に触れ、新たな映画の世界に浸ってみませんか?

Netflixのおすすめ邦画12選

ちひろさん

  • 日常の重要性を再発見させるドラマ
  • 人生の喜びと悲しみを共感させる
  • 細部に渡る感動的な演出と音楽

映画「ちひろさん」は、心温まるドラマとして評価の高い作品です。この作品の核となるのは、日常生活の中で起こるさまざまな出来事と、それに対する人々の反応です。観る者にとっては、生活の中の小さな瞬間がどれほど意味深いものかを再認識させてくれる映画です。

この映画は、観客に深い感動を与えるような、心に響くシーンが満載です。登場人物たちの日々の挑戦や、直面する感情の起伏を通じて、観る者は人生の喜びや悲しみを共有することができます。

特に注目すべき点は、映画の繊細な描写です。細部にわたる注意深い演出は、登場人物たちの内面や関係性を深く掘り下げています。これにより、映画はただの物語ではなく、観る者自身の経験や感情と深く結びつく作品となっています。

また、この映画の音楽は、情感豊かで心に残るものです。感動的なシーンをより引き立てる効果があり、映画の雰囲気を一層高めています。

「ちひろさん」は、日常の美しさを探求し、人間関係の深さを描き出す映画です。感情豊かな物語を求めている方には特にお勧めできる作品であり、心に残る体験を提供してくれることでしょう。

日常の細やかな瞬間の美しさと深さを描き出す作品です。感情の起伏を巧みに表現し、音楽がさらに心に響く、深く印象に残る映画です。

クレイジークルーズ

  • ミステリーとロマンスの融合
  • 豪華クルーズ船での複雑な人間関係
  • 坂元裕二のリアルな人物像と会話劇

映画「クレイジークルーズ」は、エーゲ海に向かう豪華なクルーズ船「MSCベリッシマ」を舞台にしたミステリーとロマンティックコメディが融合した作品です。

船上で展開されるのは、謎に満ちた殺人事件と、その中で繰り広げられる人間関係のドラマです。物語の中心となるのは、冲方優(演:吉沢亮)というバトラーと、盤若千弦(演:宮崎あおい)という謎の女性です。

この映画の特徴は、登場人物たちがそれぞれに秘密を抱えており、互いに複雑な関係に絡まっている点です。特に、冲方優と盤若千弦が協力して真犯人を探るシーンは見どころの一つと言えるでしょう。また、豪華な船内のセットや綺麗な映像が、物語の魅力をさらに高めています。

さらに、本作の脚本は『花束みたいな恋をした』で知られる坂元裕二が担当し、監督は瀧悠輔が務めています。坂元裕二の等身大の人物像や日常系の会話劇が特徴の作品であり、Netflixとの初の作品となっています。

ただし、視聴者からの評価は分かれており、一部では否定的な意見も見られます。ストーリーやキャラクターについては、人によって受け取り方が異なるようです。この点を踏まえた上で、興味があれば一度視聴してみるのも良いでしょう​。

謎解きとロマンスが見事に融合した豪華クルーズ船の物語。坂元裕二の鮮やかな人物描写が際立つ、独特な世界観を楽しめます。

サイレント・トーキョー

  • クリスマスイブの東京を舞台にしたサスペンス
  • 緻密なシナリオと高いテンションの展開
  • オールスターキャストによる緊迫感ある演技

映画「サイレント・トーキョー」は、クリスマス・イブの東京を舞台にしたサスペンス・エンターテインメント作品です。

この映画は、秦建日子の小説『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』を原作としており、未曾有の連続爆破テロ事件とその中で織りなされる人々の群像劇が描かれています​​。

物語の中心は、テロ事件の犯人を追う刑事・世田志乃夫(西島秀俊)とその新人パートナー・泉大輝(勝地涼)。彼らは、爆破予告のタイムリミットが迫る中で、犯人の行方を追います。犯行声明が出され、クリスマスに沸き立つ群衆が渋谷スクランブル交差点に集まる中、爆破が実際に起こり、混乱とパニックが生じます​​​​。

この映画の見どころは、緻密に計算されたシナリオと、テンションの高い展開です。また、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊などのオールスターキャストが緊迫感ある演技を見せ、群像劇の中でそれぞれのキャラクターが重要な役割を果たします。

監督は「SP」シリーズの波多野貴文で、迫真のアクションとハリウッドクオリティのVFXにより、日本映画の新時代を象徴する作品になっています​​。

この映画は、サスペンスが好きな人や、クライムエンターテインメントを楽しむ視聴者にとって、見応えのある作品です。複雑に絡み合うストーリーと、予測不能な展開が、視聴者を最後まで画面に釘付けにするでしょう。

クリスマスイブの東京を背景にした息詰まるサスペンス。緻密な脚本とオールスターキャストの演技が見事に絡み合い、心を揺さぶるエンターテインメントです。

ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜

  • ゾンビ世界での100の願い達成物語
  • ユーモアとアクションの融合
  • 人生の意味を考えさせる展開

「ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜」は、ゾンビがあふれる世界で主人公が100の願いを叶えようとする冒険を描いた映画です。

日常が一変し、生き残りをかけたサバイバルが繰り広げられます。この映画では、ゾンビとの戦いだけでなく、人生の意味を見つめ直す旅も描かれています。ユーモアとアクションが交錯する中で、人間関係の再構築や新たな発見があります。

この映画の魅力は、スリルとユーモアが融合した独特な世界観にあり、人生の目標を考えさせられる点がおすすめです。

ゾンビの世界で繰り広げられる、ユーモアとアクションが融合した斬新な物語。生きる意味と目標について考えさせられる、思わず引き込まれる作品です。

ヘルドッグス

  • 緊張感あふれる予測不可能なストーリー
  • 複雑な人間関係とドラマ展開
  • 高い映像技術と感情豊かな音楽

「ヘルドッグス」は、緊張感あふれる展開と予測不可能なストーリーラインが魅力的なアクションジャンルに属しています。観る者を一瞬たりとも画面から目が離せなくするような、息詰まるシーンが満載です。

この映画では、複雑に絡み合う人間関係と、それに伴うドラマが繰り広げられます。予想外の展開が次々と起こり、視聴者を驚かせる要素がたくさんあります。特に、映画のクライマックスに向かうにつれ、高まる緊張感は見逃せません。

映像面でも、この映画は注目に値します。洗練された撮影技術と、緻密に計算された編集が、ストーリーの魅力をさらに引き立てています。色彩の使用や、独特の映像表現は、映画の雰囲気を一層深める要素となっています。

音楽もまた、この映画の重要な要素です。緊迫したシーンでは、音楽がその緊張を高め、一方で静かなシーンでは、感情を豊かに伝える役割を果たしています。視聴者は、映像だけでなく音楽を通じても、ストーリーに没入することができるでしょう。

「ヘルドッグス」は、アクション映画が好きな人はもちろん、ドラマティックな人間関係や複雑なストーリーを楽しむことができる作品です。映画の世界に深く引き込まれる体験をお探しの方には、特におすすめです。まさに、息をのむような体験が待っています。

緊迫したアクションと複雑な人間ドラマが見事に交錯する作品。高度な映像技術と感情を揺さぶる音楽が、視聴者を圧倒します。

死刑にいたる病

  • 阿部サダヲ演じる多面的な殺人鬼の描写
  • 重厚な心理描写と社会的問題への洞察
  • 静かなやり取りが緊張感を生む劇中シーン

映画「死刑にいたる病」は、日本犯罪史上最悪の連続殺人鬼、榛村大和(演:阿部サダヲ)を中心に展開するサイコサスペンスです。

榛村は24件の殺人を犯し、そのうち9件で死刑判決を受けますが、最後の一件だけは自分の犯行ではないと主張します。彼は、自分が経営していたパン屋に通っていた大学生、筧井雅也(演:岡田健史)に真犯人を見つけるよう頼みます。雅也は、不審な点が多いと感じた最後の事件について独自に調査を進めます​​​​。

この映画の魅力は、阿部サダヲが演じる榛村の多面的なキャラクターにあります。彼は一見温厚な店主のように見えますが、その裏には冷酷な殺人鬼の顔を持っています。この二面性が、見る者をゾクリとさせるポイントの一つです。

一方、卑屈で鬱屈とした日々を送る雅也の役を演じる岡田健史のナチュラルな演技も見どころです。雅也は、榛村との関わりの中で次第に彼の影響を強く受け、自身の中の葛藤と向き合わざるを得なくなります​​。

白石和彌監督は、映画的なギミックを駆使しながら、櫛木理宇の原作小説を映像化しています。劇中では拘置所の面会室が舞台となるシーンが重要で、そこで繰り広げられる榛村と雅也の静かなやり取りからは目が離せません。

この映画は、猟奇的な犯罪を描きながらも、登場人物たちの心理描写に重点を置いており、事件の背後にある人間の心理や社会的な問題に思いを馳せることができる作品です。連続殺人鬼と平凡な大学生の邂逅を通じて、不安と緊張感に包まれた心理的な恐怖を感じることができるでしょう。

阿部サダヲの圧巻の演技と深い心理描写が際立つ作品。サスペンスと人間ドラマが見事に融合し、観る者の心を揺さぶります。

騙し絵の牙

  • 出版業界の裏側と権力闘争
  • 登場人物の心理戦と裏切り
  • 最後の15分のどんでん返し

映画「騙し絵の牙」は、出版業界を舞台にしたサスペンスドラマです。

この映画は、塩田武士の同名小説を基に、吉田大八が監督を務め、大泉洋が主演を演じています。物語は、不況に苦しむ出版業界で、雑誌廃刊の危機に直面した編集長・速水輝(大泉洋)が中心となります。

速水は、出版社・薫風社のカルチャー誌「トリニティ」の編集長として、廃刊の危機から雑誌を救うために様々な策略を巡らせます。彼は新人小説家・矢代聖(宮沢氷魚)、人気モデル・城島咲(池田エライザ)、そして謎の男・神座詠一(リリー・フランキー)など多彩なキャラクターを巻き込みながら、複雑な騙し合いを展開します。

この映画の見どころは、登場人物それぞれが抱える秘密や裏切り、そして最後の15分で明らかになるどんでん返しです。出演するキャストも、大泉洋、松岡茉優、佐藤浩市、中村倫也など実力派が揃っており、彼らが織りなすドラマが見応え十分です。特に、速水と彼に影響を受けた高野恵(松岡茉優)の関係性は、物語の中核をなす重要な要素です。

「騙し絵の牙」は、出版業界の内幕や権力闘争を背景に、登場人物たちの心理戦が巧みに描かれており、エンタメ作品としても楽しめる作品です。サスペンスドラマが好きな方には特におすすめの映画です。

出版業界の裏側と心理戦を巧みに描いたサスペンス。最後の15分のどんでん返しには驚かされます。

空白

  • 父親の真相追求と心理描写
  • 「罪」と「赦し」をテーマにした深いメッセージ
  • 古田新太の高評価された演技

映画「空白」は、古田新太と松坂桃李が共演するヒューマンサスペンスです。娘の万引き未遂事件から逃走中の事故死をきっかけに、父親が真相を追求し始める物語です。

スーパーの店長や事故に関わる他の人々も巻き込まれ、それぞれの立場から事故の影響を受けます。この映画は、現代社会における「罪」と「偽り」、そして「赦し」をテーマにしており、マスコミの印象操作や社会的な圧力の問題も描いています。

心理描写が巧妙で、登場人物の葛藤や変化が見どころです。特に古田新太の演技が高く評価されています​。

深い心理描写と「罪」と「赦し」のテーマが印象的な作品。古田新太の演技が物語に重厚な感情をもたらします。

先生、私の隣に座っていただけませんか?

  • 漫画家とアシスタント夫婦の複雑な関係
  • ウソとホントが交差する心理戦
  • 家族や愛情の問題を深く描くドラマ

映画「先生、私の隣に座っていただけませんか?」は、売れっ子の女性漫画家早川佐和子と、彼女のアシスタントであり夫でもある俊夫が中心のストーリーです。

佐和子は自動車教習所の若い教官に恋心を抱く一方、俊夫は佐和子の担当編集者と不倫関係に陥ります。佐和子が描く新作漫画「不倫」のテーマには、彼女たちの複雑な心情が反映されており、俊夫は自身の不倫がバレたかと思い悩みます。

この作品は、ウソとホントが交差する心理戦と、家族や愛情の問題を描いたドラマで、黒木華、柄本佑、金子大地、奈緒などの出演者が見どころです。

複雑な愛と裏切りを描いた深いドラマ。心理戦と人間関係の綾が見事に表現されています。

きさらぎ駅

  • 都市伝説をベースにしたホラー展開
  • 異常な現象に直面する主人公のサバイバル
  • 民俗学専攻の学生の卒論を題材にした物語

映画「きさらぎ駅」は、2004年にインターネット掲示板に投稿された都市伝説をベースにしたホラー映画です。

物語は、民俗学を専攻する大学生の堤春奈が中心で、彼女は「きさらぎ駅」の都市伝説を卒論の題材に選びます。その過程で、実際に「きさらぎ駅」に迷い込んだとされる葉山純子と接触し、彼女の体験談を聞きます。

しかし、春奈は不思議な状況に巻き込まれ、「きさらぎ駅」へと足を踏み入れてしまいます。そこで彼女は、過去の出来事を再現するような異常な現象に直面し、生き残りをかけた戦いを繰り広げます。

都市伝説を鮮やかに映像化したホラー作品。主人公のサバイバルと不可解な現象が、鑑賞者に深い恐怖を与えます。

ヴィレッジ 

  • 閉ざされた村での社会問題を描くサスペンス
  • 横浜流星のダークな役どころが魅力
  • 幻想的な映像美と薪能の舞台背景

映画「ヴィレッジ」は、日本の伝統的な「薪能」の舞台がある集落「霞門村」を背景に、社会問題を浮き彫りにしたサスペンス映画です。

主人公の片山優(演:横浜流星)は、母の借金返済のためゴミ処理施設で働き、不法投棄に手を染めています。彼の生活は、幼馴染の美咲(演:黒木華)の帰郷によって大きく変わります。

映画は、閉ざされた集落内の同調圧力や格差社会、犯罪への負の連鎖を描き出しています。横浜流星のダークな役どころや、幻想的な映像美も見どころです。

閉じられた集落と社会問題を巧みに描いた作品。横浜流星の深みのある演技と、美しい映像が印象的です。

日本で一番悪い奴ら

  • 実話に基づく衝撃の警察ドラマ
  • 正義と権力の責任を問う深い内容
  • 90年代日本の社会状況を反映

「日本で一番悪い奴ら」は、実際の犯罪事件に基づく衝撃のドラマです。

監督は白石和彌、主演には役所広司とピエール瀧が名を連ねています。この映画は、1990年代初頭の日本で発生した一連の警察不祥事を背景に、深刻な社会問題に光を当てています。

物語は、熱心だが冷酷な刑事・森島を中心に展開します。彼は、自らの信念と目的のためには手段を選ばず、犯罪者を逮捕することに執着しています。

その過程で、違法な取調べ方法や証拠の捏造など、警察の暗部が浮き彫りになります。この映画は、警察の内部に潜む腐敗と不正を描きながら、正義とは何か、そして権力を持つ者の責任について問いかけます。

森島と彼の相棒である成瀬(ピエール瀧)は、捜査の過程で様々な障害に直面します。この映画の見どころの一つは、彼らが直面する道徳的ジレンマと、それに伴う内面の葛藤です。

また、事件の被害者や容疑者、その家族たちも重要な役割を果たし、それぞれの立場から犯罪と正義についての多面的な視野を提供します。

映画の舞台設定も興味深い点です。1990年代の日本という時代背景は、当時の社会的・政治的状況を反映しています。この時代の日本社会の緊張感や閉塞感が、物語の雰囲気を強化し、視聴者に当時のリアリティを感じさせます。

Netflixがおすすめな理由とは?

豊富なコンテンツ

Netflixはその多様性と幅広いラインナップで知られています。

映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー、スタンドアップコメディなど、あらゆるジャンルの作品が揃っています。クラシックから最新の話題作まで、国内外の様々な作品がラインナップされており、どんな視聴者の好みにもマッチするコンテンツが見つかります。

そのため家族全員や異なる趣味を持つ友人たちとも共有しやすいエンターテインメントプラットフォームとなっています。

オリジナルコンテンツ

Netflixのもう一つの大きな魅力は、その独自制作のオリジナルコンテンツです。

Netflixオリジナルの映画やシリーズは国際的に高い評価を受けており、数多くの賞を受賞しています。これらのオリジナル作品は、Netflixでしか視聴できないエクスクルーシブな内容であり、ジャンルの革新性や話題性に富んでいます。

そのため視聴者はどこでも見ることのできないユニークな体験を得ることができます。

多様なプランと価格設定

Netflixは利用者のさまざまなニーズに対応するために、複数の料金プランを提供しています。

プラン価格
ベーシック990円
スタンダード1490円
プレミアム1980円

基本プランからスタンダード、プレミアムプランまで、画質や同時視聴可能なデバイスの数が異なります。

個人の利用者から家族やグループでの共有に至るまで、予算や利用状況に応じて最適なプランを選ぶことができます。また、プランはいつでもアップグレードやダウングレードが可能で、柔軟な利用が魅力です。

まとめ

ここで紹介したNetflixのおすすめ日本映画は、ただの時間つぶしではなく、心を動かし、思考を刺激する作品ばかりです。

あなたが探している感動や驚き、インスピレーションがここにあるはずです。次に何を観るか迷ったら、ぜひこれらの映画から選んでみてください。きっと新しい発見があるでしょう。